その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

《アキカツセミナー》不動産会社向け、9月のセミナーも8月に続き「空き家を対象にした、仕入れ強化」をテーマに計8回

 空き家の活用に関わるさまざまな関係者の悩みや課題を解決するべく、これまでも50回以上のセミナーを実施、8月も8回のセミナーを実施してきました。引き続き9月も、空き家の活用のキープレイヤー、不動産事業者様向けのセミナー。不動産事業者にとっての収益力の肝である「物件仕入れ」についてのノウハウを、当社が提携する事業者様との共同講演で学んでいただき、かつ「空き家」を仕入れ対象とすることでの、より競争力のある戦い方をレクチャーいたします

* * *

空き家を対象とした、利益体質な経営を実現する「直接仕入れ」のコツを学ぶセミナー


  • これから物件の仕入れを始めてみたい事業者様
  • なかなか物件が見つからない、契約をもらえない事業者様
  • 物件はあがっているが、手がかかりすぎて非効率だと思い始めている事業者様
  • 仕入れ力がついたので、もっと対象物件があればいいのに!と欲している事業者様


 物件を仕入れて収益をあげる不動産事業様の、それぞれの悩みを解消し、収益UPに前進させる【方程式】を本セミナーではレクチャーいたします。


【セミナーのコンテンツ】

1:仕入れの”埋蔵”マーケット「空き家」とは
    / 講師:空き家活用株式会社 西川 慧 

—-

2:反響営業にNO!源泉営業の本質的ポイント
    / 講師:優真商事株式会社 代表取締役 小林英治 様 

—-

3:行動効率を改善!物件データベース活用術
    / 講師:空き家活用株式会社 西川 慧

  


【講師プロフィール】
講師:優真商事株式会社 代表取締役 小林英治 様 

反響営業に頼らない能動型の営業マンをたくさん育成して繋げていきたいとの想いから、不動産営業マン向けのコンサルティングを行っている。会員登録数は1,500名を突破。(http://yu-mashouji.com/


—-

講師:空き家活用株式会社 西川 慧 



 直接仕入れのための空き家情報データベース『AKIDAS(アキダス)』を運営する、空き家問題解決のためのベンチャー企業。
https://aki-katsu.co.jp/

【セミナー概要】

場所:オンライン開催
所要時間:1時間程度

定員:50名
参加費:無料



各回の実施概要と、お申し込みは下記のURLよりお願いいたします。講演内容はすべて同一です、ご都合のつく日程をお選びくださいませ。

【セミナー実施日程とお申し込みURL】

◆9/2(木)13時~ https://peatix.com/event/2725331/view

◆9/2(木)17時~ https://peatix.com/event/2725335/view

◆9/9(木)13時~ https://peatix.com/event/2725344/view

◆9/9(木)17時~ https://peatix.com/event/2725352/view

◆9/16(木)13時~ https://peatix.com/event/2725358/view

◆9/16(木)17時~ https://peatix.com/event/2725363/view

◆9/30(木)13時~ https://peatix.com/event/2725387/view

◆9/30(木)17時~ https://peatix.com/event/2725411/view

ふるってお申し込みくださいませ。

■空き家を探す事業者と所有者を繋ぐ、空き家活用データシステム「AKIDAS(アキダス)」とは

空き活は、2017年1月より、空き家と想定される物件を自主調査しデータベース化、2018年より空き家を活用したい不動産関連事業者へデータベースを提供するサービス「AKIDAS(アキダス)」を開始。「地方の空き家を有効活用したい」しかし「現地を調査したり、法務局へ行くのが負担」そんな事業者の負担を空き活が代行・軽減したデータベースサイト(会員サイト)を運営しています。長年の経験から独自の調査項目を確立して“空き家見込み”も把握、調査員がスマホで簡単に登録できるシステムがあるのも特徴です。リタイヤされた地元に詳しいシニアを雇用するモデルが評判で、調査員数も口コミで増え現在40名が在籍。現在、都市部の空き家見込み物件を中心に収集しておりますが、昨今では地方自治体からの相談も増えており、地方の空き家調査も受けている状況です。

▶︎空き家活用データシステム「AKIDAS(アキダス)」とは:https://aki-katsu.co.jp/about-akidas/

■空き家活用専門家、空き家活用株式会社代表・和田貴充について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1976年 大阪府生まれ

20歳で父の事業を継承し、24歳で廃業。その後、不動産業界に飛び込み、建築、不動産に関わるあらゆる業務を経験した後、2010年に独立。『日本の空き家問題を解決したい』を背景に、2014年に空き家活用株式会社を設立。2017年1月より、自分達で調査員を派遣し空き家の実態調査を開始。2018年8月には第三者割当増資で6210万円を調達し空き家活用データシステム「AKIDAS(アキダス)」をリリース。調査委員は現在全国に40名程。2019年1月には本社を東京に移転し、日本全国の空き家データベースのプラットフォーム化を目指す。

受賞歴(一部):

2017年9月/平成29年度「国土交通省地域の空き家・空き地等の利活用等に関するモデル事業者」に選定

2018年6月/平成30年度「国土交通省地域の空き家・空き地等の利活用等に関するモデル事業者」に選定

2018年11月/SDGsビジネスコンテストにて「優秀賞」を受賞

2019年2月/日本最大級のピッチイベント「未来2019」で、シェアリングサービス賞およびグッドパフォーマンス賞を受賞。

2019年3月/西武ホールディングスが主催するアクセレレータープログラム「Swing」の事業検討企業に選出

2019年7月/住吉区、空き家対策に協力する民間事業者を募集、第一号に空き家活用(株)のモデルが採用

2020年1月/内閣府オープンイノベーションチャレンジにて茨城県つくば市への提案が採択される

空き家活用株式会社
この記事を書いた人
みらいの日本を、この軍艦島のようにしてはいけない! 私たちが、空き家市場を構築するためのベースを作り、 あらゆる企業や行政、団体とともに空き家問題を解決する事業を作りたいと考えています。