空き家を活用するためのナレッジベース

【“サード・プレイス”を一緒につくり上げる】クラウドファンディングで空き家プロデュースに取り組む吉本芸人・シャンプーハットてつじさんインタビュー

シャンプーハット てつじ さん

お笑い芸人でありながら空き家問題に目を向け、クラウドファンディング・プロジェクトを立ち上げたシャンプーハット・てつじさん。

「てつじ、京都・綾部に100万円で家買いました」のプロジェクト名のとおり、自ら私費を投じて空き家を購入し、空き家再生を目指したアクションを始めている。

吉本興業が手がけるコワーキングスペース「 Laugh Out NAKATSU(ラフアウト中津)」(大阪市北区)にて、プロジェクトに協力する稲冨さん(吉本興業株式会社)と弊社和田が同席のもと、てつじさんのプロジェクトにかける想いについてうかがった。

インタビューについて

てつじ さん

吉本興業所属の漫才コンビ・シャンプーハットのメンバー

自ら田んぼを購入した『米から日本酒をつくりたい』や綾部市の保育園を支援する『風の子共同保育園を全力で応援する』など、さまざまなクラウドファンディングをてがけてきた

“体験”を共有するクラウドファンディング

——まず、今回のクラウドファンディングによる空き家再生プロジェクトの内容について教えてください。

京都府綾部市に、僕が100万円で買った空き家があるんです。

もう空き家を用意してあるので、これからみんなで改築していきましょう、というプロジェクトですね。

たとえば、¥1,000出してくれた人は一緒に草むしりや掃除に参加してもらうとか、お金を出してくれた人だけが囲炉裏の制作メンバーに入れて、完成後に囲炉裏を自由に使える、とかいろんな“体験”をリターンとして用意しています。

——クラウドファンディングを通して集まったお金で空き家を買ってどうにしかします、ということではないんですね。

そうですね、クラファンはふつうお金を集めるためにやるものだと思いますが、僕のはそうではなくて、人を集めるプロジェクトです。

たとえば、お金を出してもらえたら完成した別荘を使えます、みたいなことだと、普通にお金を出せば別荘って買えますよね。

でも、別荘をつくる過程とか体験っていうのは売ってないじゃないですか。

そういう、過程に参加して体験を共有できる場にしたかったんです。

自然と“サード・プレイス”になっていく

——プロジェクトの説明に「ゴールを作らないクラファン」とありますが、それはどういうことでしょうか?

間取りとか外観の完成図があるわけじゃないので、完成に向けた作業を手伝ってもらう、というプロジェクトではないんですよ。

メンバーがアイディアを出し合って、間取りもどんどん変わっていくイメージです。

たとえば「ここでみんなでダンスをしたいから、1室をダンスフロアに改築したい」っていう人がいたとしたら、じゃあ一緒に作りましょう、賛同してくれる人を集めてください、という感じですね。

僕は行き先の方角だけ示して、あとは参加してくれた人が自由にやってくれる、というのを目指していて、もっと言えば僕が居なくても自発的に動いていくコミュニティになればいいな、と思っています。

——参加者に主体的に関わってもらおう、というイメージなんですね。

もともとのきっかけとしては、僕が前からやっているクラウドファンディングの『米から日本酒をつくるプロジェクト』で完成したお酒を、プロジェクト参加メンバーと一緒に飲める場が欲しかったんです。

最近よく言われる「サード・プレイス(=自宅でも職場でもない、心地のよい“第3の居場所”)」を作りたかった。

ただ、もし僕が自分でそういう場を全部作って「サード・プレイスを用意しましたよ、来てください」と言っても、「ここが自分のサード・プレイスだ」とはきっと感じてもらえない。

つくり上げていく体験を共有してもらえば、参加した人それぞれの中に「物語」が形成されて、その人にとってのサード・プレイスに自然となっていくんじゃないかな、と思ったんです。

そうなれば、「出来上がったら終わり」ではなくみんなが何度も足を運んでくれる、サスティナブルな“空き家活用”の形になるんじゃないかな、と考えています。

Laugh Out NAKATSU(ラフアウト中津)での出会いがプロジェクトのきっかけ

吉本興業株式会社・稲冨さん(左端)と弊社和田(右端)

——そもそもこのプロジェクトが生まれたのは、 ラフアウト中津でのてつじさんと和田さんの出会いがきっかけだったそうですね?

(吉本興業・稲冨さん)そうですね、まず ラフアウト中津のオープン時(2019年12月)に吉本の芸人さん達に「今度こういうの始めるんです」とご説明に回ってたんですが、いの一番に「面白そう」って食いついてメンバーになってくれたのがてつじさんでした。

その後、空き家問題に取り組む和田さんがメンバーになってくれて、てつじさんに「面白い人が入られたんで、紹介させてください」って引き合わせたら、一気に話が進んでって。

気がついたら、(てつじさんが)家を買う話になってました(笑)

旗振り役をやるっていうことに留まらずにそこまでできる人って、なかなかいないですよね。

(弊社和田)てつじさんがそうやって、まず先頭を切って走ってくれたから、みんなが一気に走っていった、というところはありますね。

—— ラフアウト中津とはどういった場所で、どのような展開を見据えているのでしょうか?

(稲冨さん)僕は吉本の社員になって18年目で、もともとはマネージャーやテレビ番組・ライブのプロデュース、劇場の支配人をやったり、いわゆる“吉本っぽい”仕事をずっとやってきたんです。

それが昨年12月にラフアウト中津がオープンして、ここを任されることになったんですが、考えているのは“吉本っぽくないこと”をどんどんやっていきたいな、と。

”吉本興業という組織が主導権を握って何かをする”という世間的なイメージを変えていきたいなと思っているんです。

——ピラミッド型組織の典型、といったイメージを変えたいのですね。

たとえば今回、和田さんとてつじさんがつながって空き家のプロジェクトが生まれましたけど、「空き家問題への取り組み」って吉本っぽくないですよね?

そんな風に、ラフアウト中津がどんどん面白い人達の出入りする場になって、この人とあの人が組んだらこうなった、っていう反応がたくさんできて、結果的に「吉本って最近、変なこといっぱいやってんな」って思ってもらえるのが理想です。

だから、“吉本っぽくない”面白いことが次々に生まれる場として、ラフアウト中津というコミュニティを大事にしていきたいですね。

自ら汗をかくからこそ、共感が生まれて人が集まる

プロジェクトについて熱く語るてつじさん

——話は戻りますが、てつじさんはなぜ、最初に自ら空き家を購入しようと思ったのですか?

自分がクラウドファンディングに興味を持っていろいろ見ていた時に、お金を出したいなって思ったのは、起案者が身銭を切ってたり、自ら汗をかいているプロジェクトだったんですよ。

さっき言ったように、僕のクラウドファンディングって“お金を集める”プロジェクトじゃなく“人を集める”プロジェクトなので、人に集まってもらうのに、自分が最初に動いていなかったら失礼じゃないですか。

自分が汗をかいてるからこそ、興味をもったり共感してもらえて、人が集まってくれるんです。

だから、日本酒をつくるのもまずは自分で田んぼを買ったところからスタートして、「田んぼはもうあります、みなさん一緒にやりませんか?」というプロジェクトにしたし、今回も同じです。

ただ…ようするに自分が「面白そうだな」と感じたからしてるんですよね。

イベントとか映画を観にいくような感覚で、「てつじが面白そうなことしてるから、ちょっと参加してみるか」という風になって欲しいと思っています。

「“面白いこと”をやりたいだけで、芸人の仕事も空き家再生プロジェクトも自分の中で区別はないんです」

——そもそも、なぜお笑い芸人でありながらさまざまなクラウドファンディングを手がけるようになったのしょうか?

よく聞かれるんですけど、「お笑い芸人のかたわら、クラウドファンディングをしている」みたいな感覚ってまず自分の中になくて。

ただ「面白いことをやりたい」っていうのだけがあって、「面白いことをする」を仕事にしている人を世の中では「芸人」と呼ぶだけ、という風に考えています。

だからテレビに出たり、舞台で漫才をするのと、空き家再生プロジェクトの活動をしたりするのとで、自分の中で区別はないんですよ。

芸人との両立は大変じゃないですか、とも聞かれるけど、芸人の仕事とクラファンって分けて考えてないので、両立という感覚自体なくて、まったく苦にならないですね。

「住む」以外の空き家活用の形が全国に広まれば本望

——最後に、空き家再生プロジェクトについてどのような展望を持っていますか?

このプロジェクトをやり始めて、綾部市の行政の方と喋ってて気づいたのが、空き家問題の解決=そこに住むこと、っていう固定観念みたいなのがあるな、と。

「住む」っていう一番高いハードルをゴールに設定して、そこを越えようしてるからなかなか解決できないんであって、そうではない形で活用できれば空き家問題を解決できると思ったんですよ。

このプロジェクトが上手くいって、空き家を買った他の誰かが「てつじはこういう方法で人を集めたんだな、オレもやってみよう」って真似し始めてくれたら、一番嬉しいですね。

同じ手法で作ったとしてもその地域ならではの物産だったりコミュニティがあるから、違うものができあがるはずだし、そうやって日本全国に広がって、空き家問題が解決していったら最高ですね。

編集後記

東京出身の私ですが、昔からシャンプーハットさんはテレビで目にしていて、てつじさんのことは“コンビ愛に溢れた独特のツッコミをするキャラ”だという認識でした。

しかし、今回のインタビューを通して、テレビで目にする姿からは窺い知れなかった真摯に物事を捉える姿勢と、人を牽引する力を感じました。

人を動かすには、まず自分が動くこと——

見習わせていただきます。

空き家購入・利活用に関わるご相談なら

以下よりお気軽にお問い合わせください。

どのように活用したいかの目的や、ご希望の地域などをお知らせいただければ、それを元に弊社スタッフが対応いたします!

一緒に空き家の問題を解決していきましょう。
Leo
この記事を書いた人
元月刊誌編集者・元プロキックボクサーのフリーライター。コロナ禍を機に飼い始めた猫に夢中です。