空き家を活用するためのナレッジベース

お盆休みに、ぜひ実践したい「空き家」対策のあれこれ

お盆休みに、ぜひ実践したい「空き家」対策のあれこれ_相続空き家の対策

相続した「空き家」や、これから相続するであろう「空き家」について、どうしようか考えながらも、なかなかまとまった時間が取れなくて困っていませんか?お盆休みの帰省や時間は、「空き家」問題を考えるチャンスです!相続に関して、親戚で話し合いをしたり、相続した「空き家」の活用方法を考えたり、手入れをしたり、お盆休みに自分のできる「空き家」対策にチャレンジしてみましょう。

お盆休みは「空き家」対策にぴったり!

お盆休みが「空き家」問題を考えるのに最適な理由

親世代から引き継いだ、あるいは引き継ぐ予定である実家が「空き家」になりそうで、頭を抱えていませんか?いつも、「空き家」問題について何か対策を考えなくてはと思っていながらも、忙しい毎日の中で、ついつい後回しにしてしまうことってありますよね。

まとまったお休みが取れる「お盆休み」は、実は「空き家」問題の対策を講じるのに最適です。「空き家」問題は、自分たちだけでなく、ご近所の方や親族とのコミュニケーションが非常に重要になってきます。

また、実際に実家を相続し、「空き家」になってしまっている人は、「空き家」のメンテナンスが必要です。人が住まなくなってしまった家は、老朽化が急速に進んでしまうので、換気や草むしり等をこまめに行うことが大切。

実家に帰省した際に、しっかりと「空き家」のケアや今後の対策を考えて見ませんか?

どんどん深刻化する、日本の「空き家」事情!

もう他人事ではない「空き家」問題

総務省が1948年から5年毎に行っている、住宅・土地に関する調査報告によると、2018年の「空き家」は、およそ849万戸。総住宅数に占める「空き家」の割合は13.6%と過去最高を記録しており、年々増加傾向にあります。

日本社会特有の少子高齢化問題や新築偏重の考え方などが要因となり、住宅の需要過多の状況が生まれています。そのため、「空き家」問題はどんどん顕在化し、誰しもが頭を悩ませうる問題になりつつあるのです。

                        

参考:https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/kihon_gaiyou.pdf

どんどん深刻化する「空き家」問題の対策として、国が2015年に「空き家対策特別措置法」を施行しました。これにより、「空き家」の対策を何も行わず、放置した場合、「特定空き家」に指定される可能性がります。「特定空き家」に指定されてしまった場合、固定資産税の増額や家屋の強制撤去などが行われるようになっています。強制撤去や解体にかかった費用は、もちろん「空き家」の所有者へ請求されます。

つまり、以前より「空き家」を持っていることへのリスクは高まっているのです。「空き家」について考えることを先延ばしにして、決して「放置空き家」という「負の資産」にしてしまわないように、「お盆休み」の機会を利用して自分事として捉え、「空き家」と向き合うことが大切です。

「特定空き家」について知っておこう!

国土交通省の示す「特定空き家」のガイドラインには、以下の通り示されています。

「特定空家等」とは、
①倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
②著しく衛生上有害となるおそれのある状態
③適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にある空き家等をいう。 (2条2項)

参考・引用:https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000035.html

人が住まなくなり、「空き家」となってしまった場合、家屋の老朽化が早いだけでなく、害虫やゴミの不法投棄、犯罪者の住処となる等、様々な悪影響を及ぼします。また、近年の台風や地震などの災害の被害も受けやすく、倒壊などの可能性も高くなるのです。

それだけではありません。万が一治安の悪化やゴミ・害虫問題、倒壊などによって近隣の住民に被害を被った場合は、損害賠償を請求されることもあります。

「空き家」を放置し、「特定空き家」のような状態にしてしまわないよう、しっかりした対策を考えることは、必要不可欠なのです。

これから、相続する人のお盆の「空き家」対策

「空き家」について、相続人全員で考える好機会!

お盆は、普段なかなか集まることのできない、兄弟姉妹やその他の親族が集まれる貴重な機会です。「空き家」の相続については、自分だけでなく、相続人全員で話し合うことが重要とされています。

親族の中に住みたい人はいないのか、賃貸にしたいのか、管理が面倒なので更地にしたいのかなど、各々の意見を汲み取りながら、その物件の活用に最も適した方法を選択することが大切です。その他、固定資産税の支払や管理はどうやって維持していくかなど、できる限り事細かに相談することが大切。

相続人が集まる機会でないと、なかなか具体的な意見交換ができないので、みんなが集まれるお盆の帰省時期のチャンスを逃さないようにしましょう。

「空き家」を事前調査したり、近所の不動産屋へ行ってみる

「空き家」を賃貸に出したり、更地にして売却をするなどの活用を考えた際、相続するであろう「空き家」について、事前に調査をしておくと、その後の行動にスムーズに移行できます。周辺の環境や立地条件について分析し、「空き家」にどのようなニーズがあるのか、大まかに把握しておきましょう。また、近所の不動産屋へ出向き売りに出した場合の資産価値について相談しておくと、対策を考え易くなります。

断捨離

「実家」や「空き家」の断捨離を行うことは、賢い相続準備の一つです。実際に、故人の物を整理できず、残ったままになってしまっている「空き家」があります。そのような「空き家」は、ゴミや古い家財などを処分したり、整理した後でないと賃貸に出したりする活用ができず、結局そのままになってしまっている場合が多く見られます。

まとまったお休みの取れるお盆休みの間に、家の断捨離を実行しましょう。古書やピアノなど、リサイクルできるものはリサイクルショップで買取をしてもらったり、もう使わない、使えない食器や服などは思い切って処分することも必要です。

人が長年暮らしている一軒家には、特に物が詰まっています。いずれは必ず来る、相続に向けて、できるうちから少しずつ物を減らし、スッキリ整頓しておくとスムーズな「空き家」活用のスタートに繋がります。

すでに、「空き家」を相続した人の「空き家」対策

「空き家」のメンテナンス

「空き家」を相続することは、固定資産税などの金銭的な負担だけでなく、その管理も重大な責務になります。先に説明したように、放置をしたままだと近隣住民の方に迷惑をかけたり、国によって「特定空き家」に指定されてしまったりと、「負の資産」になってしまいます。

遠方でなかなか、「空き家」の手入れが行き届いていない人などは、お盆の時期に「空き家」のメンテナンスをしましょう。家の換気はもちろんのこと、草むしりや害虫駆除、ゴミの処理などできることは沢山あります。また、近隣の方ともコミュニケーションをとり、「空き家」に関して困っていることはないかなど、ヒアリングも行い良好な関係を築いておくことも重要です。

「空き家」の活用について再検討する!

固定資産税の支払や、メンテナンスなどに負担を感じはじめている人は、「空き家」の活用ができないか、この機会に今一度、検討してみることもおすすめです。

賃貸に出すだけでなく、民泊やシェアハウス、サービス付き高齢者住宅経営、更地にしてコインランドリーや太陽光発電での売電など、活用方法は様々です。せっかく相続した資産である「空き家」が「負の資産」にならないように対策を考えましょう。

参考:https://aki-katsu.co.jp/lab/空き家活用収益化において成功or失敗のポイントと/

先延ばしにしない!「空き家」について考えよう!

お盆休みは、「空き家」について考える良い期間。家族や親戚としっかり話し合いをしながら、自分の「空き家」にきちんと向き合うことで、「空き家」相続のリスクを減らせます。「空き家」について未知なことが多く、まずは「専門家」に相談したいと思ったら「空き家活用株式会社」に是非、お気軽にご相談ください。あなたの健全な「空き家」活用のために、親切丁寧な対応をお約束できます。

空き家購入・利活用に関わるご相談なら

以下よりお気軽にお問い合わせください。

どのように活用したいかの目的や、ご希望の地域などをお知らせいただければ、それを元に弊社スタッフが対応いたします!

一緒に空き家の問題を解決していきましょう。
麻衣子(Smiycle)
この記事を書いた人
旅行会社勤務を経て、フリーランスのライターへ転身。古民家シェアハウスに住み、Airbnbを利用して海外を旅した経験から、日本の空き家問題に興味を持ち、明るい未来に繋がる記事を書いています。