空き家を活用するためのナレッジベース

メゾネット物件にはどんなものがある?メリットやロフトとの違いを解説

集合住宅の中で一定の需要をキープし続けるメゾネットタイプの物件。メゾネットは1つの物件の中で階が分かれている部屋のことをいいます。今回は「メゾネットがどんなものなのかよくわからない」という方に向けて、メゾネットの構造やロフトとの違い、メリット・デメリットなどを事例を含めてどこよりもわかりやすく解説します。

メゾネットとは?構造やロフトとの違いを解説

メゾネットとはアパートやマンションなどの集合住宅のうち、1戸の中に複数の階を持つ物件のことをいいます。

メゾネットは1階と2階で空間が分かれていることで集合住宅でも戸建て住宅のような住み心地を感じられます。また、階下に足音や生活音が響いても問題ないため、小さな子どもを持つファミリー層やペットと暮らす方に人気です。

しかしメゾネットタイプの物件は全体に対し多くないため、「メゾネットとは実際にはどんなもののことを指すのか」と疑問に持つ方もいらっしゃるでしょう。

ここではSNSから実際のメゾネットの様子がわかる投稿をご紹介します。

メゾネットアパートの外観はこのようなタイプが多くなっています。

見かけは一般的なアパートと変わりませんが、ドアの数から各子上下の2フロアが専有となっていることがわかりますね。

室内に階段があるのもメゾネットの特徴です。一般的な階段の他に螺旋階段やデザイン性の高い階段など様々なものがあります。室内のどこに階段を設置するかは物件によって異なります。

マンションではペントハウス(最上階)や一部の部屋だけをメゾネットにすることが多くなっています。賃貸ではメゾネットという付加価値があるぶん他の住宅よりも家賃を高く設定でき、経営者の継続的な収入アップにつながります。

メゾネットとロフトの違い

メゾネットとロフトは混同されやすいのですが、この2つには明確な違いがあります。

メゾネットはそれぞれの階が独立したワンフロアであるのに対し、ロフトはフロア内に設置される中二階、あるいは最上階の屋根裏空間を利用した収納スペースです。

ロフトを寝室としたり生活空間として使用したりする方も多くいますが、建築基準法ではロフトはあくまでも収納のための空間と定義されています。そのため、ロフトは「居室部分の2分の1未満」、「高さ1.4mまで」、「窓の設置不可(指定された大きさまでの換気口はOK)」などの制限があります。

本来屋根裏の空間を抜いて作ったロフトは、夏場は日光の輻射熱で非常に暑くなりやすいため、居住空間として利用するためにはクーラーをロフトに当たる向きで設置する、換気口のサイズをギリギリまで大きくするといった工夫がされていることが必須となります。

また、収納スペースであるロフトは、建物の床面積に含まれません。

対してメゾネットの場合は上階のほか階段部分も床面積に含まれるため注意しましょう。

こちらは一般的なロフト付き物件です。ロフトへ上がるために固定の階段を設置すると居室と見なされるため、 取り外しが可能・折りたたみ式など簡易的なはしごを使うのが一般的となっています。

メゾネットのメリットにはどんなものがある?

メゾネットはその独特な構造から、一般的な集合住宅とは違ったメリットがあります。

そのため、物件の数が少なくても昔から一定の需要があるのです。

ここではメゾネットのメリットにはどんなものがあるのかを具体的にご紹介します。

集合住宅でも一戸建住宅のように暮らせる

メゾネットの1番のメリットは、集合住宅でも一戸建てのような暮らしができることです。2階にも窓を設置できるため採光に優れ、開放的な気分を味わえます。また、上階・下階ともにバルコニーがある物件では床面積よりも広々と感じられることもあるでしょう。

戸建の良さを取り入れながらも戸建賃貸より家賃が安い傾向にあるため、1人〜2人暮らしの方にも選びやすくなっています。

足音や生活音などによるトラブルの心配がない

特に小さな子どものいる方にとって、足音や生活音は気になる問題です。

子どもの年齢や性格にもよりますが、子どもは大人のように騒音に気をつけながら生活することはできません。そのため、集合住宅では周囲への配慮から1階を選ぶファミリーが多い傾向にあります。

しかしメゾネットタイプの物件なら階下の住人に気を使う必要がなく、のびのびとした生活を送ることが可能です。子どもが2階で元気に走り回っても、音の影響が強く出やすい階下にいるのは家族のため、気を使い過ぎることなく生活できます。

騒音トラブルが発生しにくい環境のため、帰宅が遅い方や夜勤の方、音に気を使って生活したくないといった方にも適しています。

目的別に生活スペースを分けられる

目的によってスペースを上階・下階で分けられるのもメゾネットの大きな魅力です。

「1階はリビングで2階は寝室」といった一般的な使い方以外にも「1階はリビング兼寝室で2階は趣味に没頭するための部屋」、「1階は家族の生活スペースで2階は子ども部屋」など、住む人のライフスタイルに合わせて柔軟な使い方が可能です。

階が分かれた部屋は隣り合った部屋よりもそれぞれの部屋の独立感が増すため、気分が切り替えやすくなるでしょう。趣味や勉強などに集中したい、没頭したい方にぴったりといえます。

また、店舗使用が可能な物件なら1階でサロンや教室を開いて2階を居住スペースとするといった選択もできます。個人事業主や小規模な事業を営んでいる方にとっては非常に使い勝手が良いのではないでしょうか。

プライベートな空間にできる

メゾネットはフロアで部屋が分かれているため、生活空間とプライベートな空間をきっちりと区切ることが可能です。

たとえば1階をリビング・2階を居室兼寝室にすれば、急な来客があってもプライベートを見せずに対応できます。「急いで片付けたものの片付けていない部屋が見えてしまった」といったことが起こらないないので、来客の多い方にとっては安心できるでしょう。

また、2人で住む場合には互いのプライバシーを尊重し、適度な距離感を保って生活しやすくなります。

造りがおしゃれ

メゾネットの物件は上下に分かれた開放的な造りとなっているため、それ自体をおしゃれと感じる方も多いでしょう。ワンフロアの住宅とはそもそもの構造が異なるため、まったく違う暮らしを楽しむことができます。

最近ではデザイナーズメゾネットも多くなっており、おしゃれな暮らしを楽しみたいという方におすすめです。

メゾネットのデメリットにはどんなものがある?

メゾネットタイプの物件には、人によってはデメリットと感じる部分もあります。

ここでは、メゾネットのデメリットにはどんなものがあるのかをご紹介します。

掃除がしにくい

フロアが分かれているメゾネットは、ワンフロアの住宅よりも掃除がしにくくなります。特に掃除機がけは「掃除機を持って階段を上り下りするのは面倒」と感じる方もいるでしょう。

それぞれの階に掃除機を設置する、軽いコードレス掃除機を使うなどの工夫が必要となります。

冷暖房効率が悪い

メゾネットは上下に広い空間であるため、冷暖房が効きにくいというデメリットがあります。温かい空気は上階に抜けるので上階は暑く、下階は寒くなりやすいのです。

建物の断熱性能や冷暖房設備によっては問題がないことも多いのですが、ワンフロアの住宅より冷暖房効率が悪くなる傾向はあります。

家具や家電の搬入が大変

メゾネットの上階に大きな家具や家電を置く場合には、階段を登らなければならないため搬入が大変になります。引っ越しの際以外にも新たな家具や家電を購入するときに搬入がネックになることがあるかもしれません。

また、数は少ないものの2階にキッチンがある間取りでは日常の買い物でも重い荷物を持って階段を上がらなくてはならないため、ストレスの原因となる場合があります。

年配の方にとっては暮らしにくい

階が分かれているメゾネットは、段差をなくしたバリアフリー住宅とは対照的な造りです。

年配の方や足の不自由な方にとっては暮らしにくさを感じる場面が多くなるでしょう。

2人以上で住む場合に生活空間を上下の階で分け、年配の方は下階部分だけを使用するのであれば問題ありません。また、かね折れ階段・折り返し階段など、直線の階段でなく途中で曲がっているタイプの階段であれば、万が一転倒した際に最後まで落ちてしまうことが少なくなります。

掴みやすい手すりが設置され安全性の高い階段であれば、高齢の方であっても階段の上り下りが毎日の運動としてちょうど良いと考えることもできるため、一概にデメリットとはいえません。

ここまでお読みいただいた方はすでにお気づきかもしれませんが、これらのデメリットはあくまでも一般的な集合住宅と比べたときのデメリットです。戸建住宅でもメゾネットと同様のデメリットが発生するため、同条件の戸建住宅と比べると特にこれといったデメリットはありません。

メゾネットの活用方法

メゾネットの構造やメリット・デメリットは把握できたでしょうか。

ここでは、メゾネットでの暮らしはどんなものがあるのか、どんな生活を送ることができるのかをイメージできる画像をSNSからご紹介します。

螺旋階段はそれ自体がおしゃれなインテリアとなります。メゾネットの構造上なくてはならない階段をデザイン性の高いものとすることで、存在をメリットとして感じられる物件です。

このようなおしゃれな物件は、都会的な生活を望む一人暮らしの方や同棲するカップルに人気があります。

メゾネットの階段部分にアートを飾ることで立体感が出ておしゃれな印象に。階段部分をコーディネートできるのもメゾネット暮らしならではです。集合住宅とは思えない雰囲気が出ています。

メゾネットの1階部分をリビングとし、寝室を別に設けることで生活感のないおしゃれ空間となっています。物の多くなりやすい子どものいる家庭でも、このように生活空間を分けることでおしゃれな暮らしが可能です。

メゾネットの1階部分をリビング・談話スペースとした事例です。住まいの中にお気に入りのスペースを造りたい方、インテリアにこだわったおしゃれな空間を作りたい方に、メゾネットはぴったりといえます。

オープンなデザインの階段なら圧迫感が少なく、使えるスペースも多くなります。

このようなデザイン階段は近年人気となっており、メゾネットでも取り入れる物件が増えています。

賃貸で人気なのはメゾネットだけじゃない

賃貸物件の中で、メゾネットはファミリー層やおしゃれな暮らしを望む方に一定の人気があります。時代や一時期の流行に左右されず一定の需要があるため、投資用物件としてもおすすめです。

しかし、メゾネット以外の物件は入居者を集めにくいかと言うと決してそんなことはありません。メゾネットや定番人気である駅近・築浅物件以外の物件でも、条件設定やターゲットを絞った募集で入居者を集めることが可能です。

空き家活用株式会社では空き家の売却・活用サポートのほか、物件の収益性を高めるためのアドバイスや入居者募集の工夫など、物件に関わる様々なお悩みに対応しています。

所有する物件の維持費や管理の手間にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

空き家購入・利活用に関わるご相談なら

以下よりお気軽にお問い合わせください。

どのように活用したいかの目的や、ご希望の地域などをお知らせいただければ、それを元に弊社スタッフが対応いたします!

一緒に空き家の問題を解決していきましょう。
わたやみき
この記事を書いた人
ボイストレーナー兼ライター。生活をより良く、快適にする記事を中心に様々なジャンルで執筆しています。YoutTubeで誰でもできる3分ボイトレ動画配信中です。