空き家を活用するためのナレッジベース

一戸建て空き家の対策、活用方法とは?代表的な手法のメリット・デメリットを解説!

突然の物件相続や、知人からの譲渡によって所有することもある一戸建ての空き家。知識がない場合は、どのような対策方法が最適であるかがわからないものです。

今回は空き家オーナの方々に向け、代表的な一戸建て空き家の活用方法から、メリットとデメリットを抽出し整理して解説致します。ご自身の物件に最適な活用方法を検討する際に、是非ご参考下さい。

放置が最大のデメリット!早期の対策を

一戸建ての活用方法を決める前に、放置が最大のデメリットであることを認識することが大切です。放置した際のリスクは、ご自身の損失に留まらず、地域全体の価値を下げてしまう場合もあります。ここでは、一戸建て空き家を放置した場合のリスクについて整理しておきます。

家屋の倒壊などで賠償のケースもある

一戸建て空き家の破損や倒壊が起これば、通行人の怪我や事故を招き、賠償が必要になるケースもあります。一戸建ては特に、生活に使用しない場合は建物や外壁の傷みが早くなる傾向にあり、壁の穴や割れた窓から動物などが侵入し、倒壊などが起こる危険性もあるのです。また、周辺地域の環境悪化を招くことにより苦情がくるだけでなく、犯罪の温床になることも少なくありません。

そのほか、火災や倒壊による被害によっては、多額の賠償が必要になるケースもある為、注意が必要です。火災や倒壊による危険性は、怪我や死亡事故、周辺住宅を巻き込んでしまう場合もありますので、できるだけ早めの対策が安心だと言えます。

放置を続ければ、固定資産税が6倍に

所持している空き家が「特定空き家等」の指定を受けた場合は、固定資産税の減免措置が解除となりますので、指定以前に対して、約6倍の税金を納める必要がでてきます。目安としては、1年間の放置を継続しすると指定されることとなりますが、助言・指導・勧告と段階的に告知される為、最初の「助言」を受けた段階で対応することが大切です。

物件が老朽化すれば、対策の選択肢が狭まる

物件が老朽化すれば、売却先も見つかりにくくなることはもちろん、いざ活用する場合にも、修繕費用が必要以上に掛かります。予算や修繕時間などにより、活用の選択肢が狭くなれば、自身の一戸建て空き家を活用するメリットが減り、対応に追われるだけになる場合も少なくありません。できるだけ早めの対策がデメリットを減らし、メリットを最大限にできると覚えておくことが大切です。

一戸建て空き家を解体するメリット・デメリット

ではここからは、ご自身にあった一戸建て空き家の対策や活用の方法を考察する為、代表的な選択肢と、それぞれのメリット・デメリットについて整理していきます。ご自身の物件特性などとも照らし合わせながら、最適な対策方法選定にお役立て下さい。

解体するメリット

一戸建て空き家を手っ取り早く対策する方法としては、物件自体を解体する方法もあります。メリットとしては、更地にしてしまえば、管理や運用の手間が省けるだけでなく、土地の売却や更地を他の目的で使用することもできるため、汎用性が向上し売却先が増える点がメリットと言えます。活用しづらい一戸建て空き家や、土地自体に価値がある場合は、利点のある対策方法となるでしょう。

解体するデメリット

一戸建て空き家を解体するデメリットとしては、更地にする際に物件の解体費用が必要となることです。建物の規模や特徴、地域によっては解体費用も高額になる場合があるでしょう。また、更地にした後は、固定資産税が上がるため、早めの活用が必要となることも覚えておくべき事項です。

具体的には、更地にした場合は固定資産税の減免措置が解除されるため、解体する前の最大6倍程度の固定資産税になる場合があります。更地にした場合、土地に対するニーズが無ければ、税金支払いや管理費用を支払い続ける必要があります。また、借地にすれば継続した管理業務が発生し、更地を自分で活用する場合は、新たな準備費用が必要となることも計算しておきましょう。

民泊や賃貸として活用するメリット・デメリット

一戸建て空き家の対策方法として、事業活用するケースも増えてきています。そのなかでも、外国人観光客の増加などから、民泊や賃貸での活用は注目を浴びている方法です。では民泊・賃貸活用する場合のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

民泊や賃貸として活用するメリット

民泊や賃貸などで活用すれば、運用方法次第では継続的な収入にも繋がり、建物としての住宅機能を保つことができます。また、年間を通してニーズがある物件となれば、建物の腐敗も抑えられ、思い入れのある建物を長く残すこすことも可能です。

そのほか事業活用を通して、地域の発展や町おこしにも貢献できる点もメリットと言えます。特に思い出のある物件を中心に、その地域を巻き込んで活性化することが可能ですので、社会貢献度も非常に高く、活用の意義をしっかりと感じることのできる事業となるでしょう。

民泊や賃貸として活用するデメリット

一戸建て空き家を民泊・賃貸活用する場合は、改修や運営する際の費用や時間、ノウハウなども必要になってきます。必要以上に改修費用を掛けていては、事業運営も上手くいかないものです。それを避けるためにも、一定の知識を身につけるか、空き家専門機関へのサポート依頼が必要になります。

そのほか、自身で事業活用や賃貸運営する場合は、都度メンテナンスや顧客対応なども必要になります。自身で時間が避けない場合は、管理依頼を検討するのがお薦めです。物件購入のニーズがない場合や集客が上手くいかない場合は、維持費を負担し続ける必要がある場合もあるので、知識がない場合は手法を含めた丁寧な計画や、専門機関への相談が必要だと言えます。

現状維持をする場合のメリット・デメリット

一戸建て空き家の対策方法に迷っている場合には、必要な整備を施したうえで、現状維持をすることも可能です。いずれにしろ早期対策がお薦めですが、対策手法を検討する際の1つの手段でもありますので、念のためメリット・デメリットを把握しておきましょう。

現状維持をする場合のメリット

一戸建て空き家を現状維持する場合は、必要なアクションが少なく、今後の活用方法を熟考できる点にメリットがあります。物件維持に当たっては、最低限の補修やチェックを行う必要があるため、自分で利用したい場合や活用方法が決定した場合にも、すぐに利用をスタートできるメリットがあります。

現状維持をする場合のデメリット

一戸建て空き家を現状維持する場合は、修繕費や光熱費がデメリットとなる場合があります。予想外の多額の出費とならないよう、維持する期間を事前に決めておいたり、修繕の際は事前見積もりもしっかりと行いましょう。

その他、一戸建て空き家で生活しない場合には、防犯や建物の状態にも気を配ることが大切です。防犯などを疎かにすれば、思わぬリスクを伴うこともあります。計画的な修繕や管理を行い、「特定空き家等」に該当しないよう、定期的なチェックやメンテナンスを行うことが必須と言えるでしょう。

住居として活用するメリット・デメリット

一戸建て空き家の対策方法として、自身の住居として利用する方法ももちろん可能です。タイミングや構想に合致すれば、是非検討したい方法のひとつと言えます。ご自身の住宅利用を行う場合の、メリットとデメリットについて確認しておきましょう。

住居として活用するメリット

一戸建て空き家を修繕・整備すれば、別荘や臨時の住居として幅広く活用できるメリットがあります。実際に生活利用することで物件自体の腐敗も防げますので、思い入れのある建物を次の世代へ引き継ぐことも可能です。建物を生きたまま維持することができるこの方法は、将来活用する場合にもスムーズで、活用の幅も広がるメリットがあります。

住居として活用するデメリット

実際に住居として活用する場合は、空き家の修繕費用や税金なども支払う必要があります。定住しない場合にも、光熱費や定期的な管理の手間、地域住民との連携も必要になりますので、費用はもちろん必要な時間や労力も想定したうえで、準備を進めることが大切です。

一戸建て空き家の活用方法を最適化するには?

最後に、所有している一戸建て空き家を適切に対策・活用する為、手法の選択方法について整理していきましょう。

優先する価値基準を基に、活用方法を選定する

ご自身が所有する空き家の特性と、ご自身の価値観が合致する手法を選定することが、最も納得感のある選定方法だと言えます。重視する価値観については、収益、社会貢献、想い出を残すこと、人それぞれです。空き家の活用における、ご自身の優先する価値基準を明確にすることで、物件の活用方法を見出すことが可能です。

引き継いだ財産をできるだけ有効活用する為に、まずは物件やご自身の価値観と向き合い、最適な手法を選択することが大切です。納得感のある手法を選定することで、目標に向けた準備や構想についても前向きに進めることができます。ぜひ今回の内容を参考にしていただき、ご自身にあった活用方法をご選定ください。

活用に不安がある場合は、弊社へご相談ください

とはいえ、空き家の対策や活用のノウハウを得るのは、時間と労力が必要になるものです。知識を身につけたり、損をしないよう検討を重ねて行くうち、対策が遅れてしまう方も少なくないと言えます。そのため、知識が十分でない場合は弊社のような空き家活用の専門家へのご相談もお薦めです。

空き家活用株式会社では、空き家の活用・運用における専門家として、幅広いご提案が可能です。色々なお話伺った上で、最適な活用方法のご提示や活用~運用のお手伝いも行っております。そのほか、空き家管理データサービス「AKIKAN」も運用しておりますので、所有している空き家と、活用する方とのマッチングも可能となっています。

空き家を上手に活用することは、ご自身は基より、地域にとってかけがえのない財産になることもあります。空き家活用に不安がある場合や運用の手間が掛けられない場合を含め、空き家に関する知識やサポートが必要な場合は、まずはお気軽に弊社へご相談下さい。

空き家購入・利活用に関わるご相談なら

以下よりお気軽にお問い合わせください。

どのように活用したいかの目的や、ご希望の地域などをお知らせいただければ、それを元に弊社スタッフが対応いたします!

一緒に空き家の問題を解決していきましょう。
スペイン商事
この記事を書いた人
フリーライター。大阪在住、出雲市出身。大手人材系広告企業を経てフリーへ独立。採用・転職・ファッション・グルメ記事、企業HP・社員教育資料や取材まで対応。ゆるくdeepに愛を綴ります。