空き家を活用するためのナレッジベース

使っていない空き家を修学旅行民泊の滞在先に。空き家対策に効果も

住んでいない空き家の活用方法として、近年「民泊」という選択肢が人気を得ています。

民泊新法が施行されてからは以前よりも手続きがシンプルになったことで、旅館業と縁のなかった方でも取り組みやすくなったためです。

民泊というと「外国からの旅行者に宿泊先を提供する」ものとしてとらえがちですが、宿泊者は旅行者だけではありません。

最近では体験学習とセットで修学旅行の宿泊先として選ばれることもあり、地域活性化にポジティブな影響を与えています。

今回は、空き家を修学旅行民泊の宿泊先として活用する方法、メリット・デメリットについて詳しくお話しします。

修学旅行民泊とは?異文化と体験を求めるニーズあり

修学旅行民泊とは、小・中・高校生の修学旅行の宿泊先として民泊施設を利用することです。

修学旅行の宿泊先といえば、旅館やホテルをイメージされるかもしれません。しかし、「2泊のうち1日は旅館で1日は民泊」といった修学旅行を行う学校も、現時点で少数ではあるものの存在します。

日本修学旅行協会の「教育旅行年報2017」によると、2017年の修学旅行の宿泊先割合はホテルが54.2%、旅館が35.7%と大部分を占めるものの、「農山漁村民泊」が前回の3.7%から4.9%とこれまでの最高値となっています。

農山漁村民泊は都市部での民泊とは異なり、主に農業・漁業などの一次産業を始めとして伝統や歴史に触れ、地域住民のリアルな生活を体験する民泊です。

一部の学校では農産漁村民泊を通じて、生徒・児童に普段できない体験をさせることを目的として民泊を宿泊先として取り入れています。

修学旅行民泊の受け入れは地域協会を通して行い、近隣の地域で連携して同性の3〜4名ずつを受け入れるのが一般的となっています。

修学旅行の滞在先として求められる民泊とは

修学旅行はあくまでも教育の一環として行われるものです。

そのため修学旅行の宿泊先として選ばれるには、「体験を通じた学習」と「安全管理」が必要となります。具体的には下記のような項目が重要です。

【体験を通じた学習】

  • 普段の生活ではできないような貴重な体験ができる
  • 民泊した地域の伝統や歴史を深く知ることができる
  • 地域の住民と密接なコミュニケーションが取れる

【安全管理】

  • 地域協会に属し、協会の定めるルールを遵守している
  • 安全に宿泊できる環境作りや配慮が行き届いている
  • 緊急時やトラブルに備えて学校や協会と連携できる

これらの項目を、実際に修学旅行民泊を受け入れている地域の取り組みと照らし合わせて具体的にイメージしてみましょう。

沖縄の伊江島は修学旅行民泊を「伊江島民家体験泊(教育民泊)」とし、観光協会が中心となって積極的に受け入れています。

体験を通じた学習ではサーターアンダギー作り、釣り体験、芋掘り体験、琉装体験、島にんにく収穫体験、ポニー飼育体験など、民家やグループごとに様々なプログラムを提供。地元の人たちの伝統的な暮らしを肌で感じることができます。また、太平洋戦争の戦跡を通して、平和学習も行なっています。

「伊江島をもうひとつのふるさとに」というメッセージに沿って「お客様扱いしない」民泊を行い、学生との交流を深めています。

多くの修学旅行生を受け入れている伊江島だからこそ、安全面や緊急時の連絡網もしっかりと準備しています。「緊急フローチャート」を作成し、万が一のトラブルが発生したときの対応を定めているからこそ、安心して民泊を利用できるのです。

修学旅行民泊を受け入れるメリット

修学旅行民泊とはどんなものなのか、イメージが湧いてきたでしょうか。

修学旅行民泊で求められる民泊を先にご紹介したため、「ハードルが高い」、「難しそう」と感じられたかもしれません。

しかし修学旅行民泊のメリットは数多くあります。

ここでは、修学旅行民泊のメリットを具体的に解説します。

地域に経済効果が生まれる

修学旅行で1学年のまとまった人数が地域を訪れれば、地域に経済効果が生まれます。

宿泊料や体験料の直接効果を得られる以外にも、お土産店や食事処に修学旅行生が集まったり交通機関を利用したりすることで、波及効果として地域経済が活性化されます。

地域を深く知ってもらえるため移住定住体験になる

修学旅行民泊では、地域特性を活かした体験や地域住民とのふれあいを通して、地域を深く知ってもらうことができます。

修学旅行生はホテルや旅館に宿泊した場合には見られないリアルな部分に触れることで、魅力を実感・発見することがあるでしょう。

地域の魅力を強くアピールできれば、彼らが大人になったときに移住・定住の選択肢となる可能性もあります。長期的な目線となりますが、将来の地域活性化につながるでしょう。

普段はあまり関わらない若い学生と交流できる

修学旅行民泊を受け入れると、普段若い世代と交流がない方でも必然的に交流が生まれます。体験や宿泊時のあり方、手伝いなどを通じて、学生が成長する姿を見ることができ、やりがいを感じられます。

空き家増加による景観悪化の抑制

日本では年々空き家が増加しています。特に地方では空き家の割合が高いものの人がいないために活用方法を見出せず、「売却しようとしてもなかなか売れない」といった状況が続きやすいのです。

空き家の管理が行きとどかず放置してしまうと、地域の景観を損ねることにつながってしまいます。荒れた空き家は管理されていないことがわかりやすため、ごみの不法投棄や不審者の侵入といったトラブルのもととなる場合もあります。

空き家を修学旅行民泊の宿泊先として活用すれば、こうしたトラブルを未然に防ぎつつ地域社会の振興に役立つでしょう。

高齢化社会への対策に効果が期待できる

仕事に時間と情熱を費やしてきた人ほど、引退後は自分のしたいことがわからなくなったり、生活のモチベーションを失ったりしやすいものです。

修学旅行民泊は、受け入れを通じて若い世代とコミュニケーションをとることで高齢者にやりがいや生活のハリを持ってもらえるといったメリットもあります。

修学旅行民泊の誘致は地域の協会からが一般的

ここまでお読みいただいた方は、修学旅行民泊が一般的な民泊と異なることがおわかりいただけたかと思います。

学習の一部である修学旅行の宿泊先となるからには、生徒の安全を預かり、思い出作りの場を提供するよう努めなければなりません。通常の民泊とは違い、修学旅行民泊の運営を個人で行うのは負担が大きく、現実的ではないでしょう。

また、学校は旅行会社を通じて宿泊先を手配するため、旅行会社と繋がりのある地域協会・観光協会等に加入し、協会を通じて受け入れるのが一般的です。

協会は体験や受け入れ方、衛生面などで講習や指導を行っていることがほとんどです。受け入れのガイドラインがあり、体験の行い方などもレクチャーしてくれるところが多いので、修学旅行生の受け入れを希望しているならまずお住まいの地域にある協会に相談してみましょう。

事例:鹿屋市観光協会のサポート体制

ここで、実際の修学旅行民泊を受け入れている観光協会を事例として見てみましょう。

鹿屋市観光協会では農村、山村、漁村に住む方を対象として、毎年平均4回修学旅行民泊の受け入れを仲介しています。協会は受け入れ民家や体験を実施する人に向けて下記のようなサポートを行なっています。

  • 食品衛生やケガの対応などトラブルを未然に防ぐための研修会を年に1回実施
  • 損害賠償責任保険への加入を義務付け
  • 体験内容やスケジュールなどの相談受付
  • 民泊中の夜間に急病人が出た場合の送迎等

また、体験実施に伴い「体験(指導)料」を、実施した時間に応じて協会が支払います。支払い時期は受け入れ実施後一ヶ月〜一ヶ月半後を目安としています。

修学旅行民泊の難点〜収益化の難しさと体験資源

修学旅行民泊の受け入れにはデメリットもあります。

まず挙げられるのが収益確保の難しさです。

文部科学省の平成30年度子供の学習費調査によると、公立高校の修学旅行・遠足・見学費は平均35,579円です。こちらは修学旅行以外の遠足や社会科見学も含まれた金額のため、修学旅行はこれよりも低い予算となる場合もあります。

つまり修学旅行は一般的に低予算であることが多いうえ、民泊受け入れ家庭と他の体験業者と旅行中の時間(予算)を分け合うことになり、安定収益を確保することが難しいのです。

あくまでも地域活性化や交流を目的とした場合にはおすすめできますが、短期的に収入を得たい・即効性を求めている場合などにはおすすめできません。

収益性を求めるなら、「特区民泊を併用する」、「旅館業法の許可を得て簡易宿泊所や民宿として営業し、修学旅行を誘致する」といった方法もあります。

体験資源がなければ修学旅行民泊は難しい

前述したとおり、修学旅行民泊で求められるのは主に「農山漁村民泊」であり、「日常とは違った伝統や文化を体験できる民泊」です。

また、「民泊」は現在注目が高まっている宿泊形態ではあるものの、まだまだ一般的とはいえません。修学旅行生や保護者、学校からは「高いお金を払って滞在先が人の家というのは…」といった声もあります。

指導者や生徒に満足して帰ってもらわなければリピートは見込めないため、農山漁村民泊を提供できる地域で一次産業を生業としている場合でも、充実した作業体験を用意したり、居心地の良さを高めたりといった工夫が必要になります。

修学旅行を受け入れる際に必要なもの・こと

空き家を修学旅行民泊の受け入れ先として活用するには、空き家の状態によってリフォームが必要となります。

特にトイレや浴室は通常の民泊と同様に快適性が求められるため、優先してリフォームを行うと良いでしょう。

また、修学旅行民泊は一般的な民泊でいう「家主居住型民泊(ホームステイ型民泊)」と似たの宿泊形態です。家主居住型民泊ではゲストが滞在する間、原則として「1時間以上家主が家を不在にしてはならない」ことになっています。

修学旅行民泊での不在時間の上限は地域協会の規定によって異なりますが、同様の規定があることが一般的です。各種条件が気になる場合には地域の協会に問い合わせてみましょう。

地域経済の活性化と地域アピールにポジティブな効果

修学旅行民泊は異世代との交流を行い、地域の魅力を直接伝えることのできる特殊な民泊です。一般的な民泊とは異なる点も多くあり、難しく感じる部分も多いかもしれません。

しかし将来を担う若者たちと体験や宿泊を通して深く触れ合うことで、「生活にハリが出た」、「生きがいになった」、「地域の振興に貢献している実感がある」ととらえる人も多く、収益以外の面でのメリットを実感できる民泊といえるでしょう。

また、新たに物件を購入して民泊施設にするには大きなコストがかかりますが、すでに空き家を所有されている場合には小規模なリフォームだけで受け入れを開始できる場合があります。

民泊や空き家活用についての疑問をお持ちの方、活用方法にお悩みの方はプロに相談することをおすすめします。空き家活用株式会社は、相談者お一人ずつの状況やお気持ちに合わせて空き家の売却や民泊施設を含めた活用などを提案する会社です。空き家を所有されている方、これから空き家を相続する予定のある方はぜひお気軽にご相談ください。

空き家購入・利活用に関わるご相談なら

以下よりお気軽にお問い合わせください。

どのように活用したいかの目的や、ご希望の地域などをお知らせいただければ、それを元に弊社スタッフが対応いたします!

一緒に空き家の問題を解決していきましょう。
わたやみき
この記事を書いた人
ボイストレーナー兼ライター。生活をより良く、快適にする記事を中心に様々なジャンルで執筆しています。YoutTubeで誰でもできる3分ボイトレ動画配信中です。