その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

不動産屋だった僕が、空き家活用株式会社を起業した理由。そしてこのメディアへの思い

*こちらノートに書いたこの記事の転記です!これからこのメディアでも更新をして行きます!

初めまして、空き家活用株式会社 代表取締役CEO 和田 貴充です。記事を書くのは苦手なんですが、僕が思うことを、少しでも発信することで、空き家問題に取り組む想いを共感してもらったり、社会問題を解決できるようなビジネスをしたい!と思っている人へのキッカケとなればいいな。と思い、やってみようと決意しました。興味もってくれたら、とっても嬉しいです。すぐ会いに行きます。笑

* * *

私について

僕は、大阪生まれ43歳。34歳の時に、住宅分譲事業で起業をしました。

お客様に喜んでいただけるお家を作りたい!お客様目線で一緒に考えれる会社でありたい!という想いで走ってきました。おかげさまで、そんなに大きな会社ではないですが、ネットで「親切すぎて、騙されているのでは?」という相談をされるような(笑)メンバーがいてくれている会社になりました。

エリアで1戸建てを買う – オールピース
淀川区西中島の不動産・建築事業のオールピース。
子育て世代と共に育む、暮らすを変えていく会社として繋いでいく。

こんな想いを持って会社をやり続けれたのも、素晴らしいメンバーに助けてもらっているのと、切磋琢磨できる経営者仲間に出会えたことが大きいです。

「社会がよくなる事業をしたい!」「みらいに誇れる仕事をしたい!」こんなことを真顔で真剣に言い合えたことはとても財産です。ある時、そんな仲間と、皆が経営者の師匠と慕う老師と、九州弾丸研修ツアーを行うことになり、参加することになりました。

* * *

空き家活用株式会社を起業しようとしたそのきっかけ

そのツアーで、初めて訪れたのが、長崎県の端島、通称軍艦島です。

軍艦島は、炭鉱の島として栄え、大正時代は人口密度が一番高く、日本初の鉄筋コンクリートの集合住宅ができ、最先端の街と言われていました。しかし、昭和49年に廃坑となった以降、無人島となり、廃墟の島となっていました。その廃墟が、明治日本の産業革命遺産として、世界文化遺産に指定された頃でした。

現在では、映画の撮影に使われる等、廃墟マニア?には、聖地であり、たまらない場所なのかもしれません。

* * *

<次ページ:そこで、僕が感じたこと>

貴充和田
この記事を書いた人