その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

実家を空き家にしない!相続、片付け、終活も、家族で話す。夏だから「実家の話」

連休、そしてお盆休みと、一部まだ移動が制限されている地域もあるが、実家への帰省や家族との再会を果たした読者も多いのでは。いつ何があるか分からない、と誰もが思ったこの1年ほどだからこそ、これからに備えて、家族のこと、未来のことを整理整頓しておきたい人も多いはず。空き家問題は、実家の問題。いつあなたに、相続、片付け、生前贈与、などなど、空き家問題が降りかかるかもしれない。このタイミングで、実家について、家族と話してみては。その際のヒントになる記事をまとめました。

* * *

実家が空き家に!? 気付いたときがチャンス、事前にスッキリ対処する方法がコレ

空き家となった実家があるけれど、現在の住まいを離れられない。同居世帯の少なくなった現代では、そんな方も多いのではないでしょうか。空き家は使い道がないのであれば、早めの対策をすることが基本です。放置すれば様々なデメリットもありますので、他の所有者さんの対策方法も参考にしつつ、まずは自身の意向にあった方法をみつけていきましょう。今回の記事では、空き家の初期対策に必要な情報をスッキリと整理していきます。


記事はコチラ:実家が空き家に!? 気付いたときがチャンス、事前にスッキリ対処する方法がコレ


* * *

固定資産税が6倍!?「空き家=実家」の相続前に知りたい、税金や法律のあれこれ

空き家となった実家があるけれど、現在の住まいを離れられない。同居世帯の急激な社会変容や価値観の変化に伴い、日本は「大空き家時代」を迎えます。地方の過疎地域はもちろん、人口流入の激しい都内でも「空き家」は深刻な社会問題の様相を呈しているのです。あなたも近い将来、「実家」や「空き家」を相続する日がやってくるのではないでしょうか?「空き家」を相続する前に知って置くべき固定資産税や相続税、法律について一緒に紐解いてみましょう。


記事はコチラ:固定資産税が6倍!?「空き家=実家」の相続前に知りたい、税金や法律のあれこれ


* * *

とにかく「片付け」こそ、空き家対策の第一歩。実家を空き家にする片付け問題

2019年夏、Webライターとして生計を立てるべく、東京から長崎へUターンをして「実家」暮らしを始めた筆者。そこで目の当たりにしたのが「実家の片付け問題」です。いずれ、両親が他界又は介護施設等に入所する場合に備え、まだ両親が動けるうちに、「実家を綺麗にスッキリ」させるべく日々奮闘しています。そんな日常から見えてきた、「実家の片付け=空き家対策」の一貫という発想!今回は、実家の片付けの必要性や悩めるポイントについて筆者の実体験を含め綴っていきます。


記事はコチラ:とにかく「片付け」こそ、空き家対策の第一歩。実家を空き家にする片付け問題


* * *

実家があるだけでお金がかかる。「空き家」管理維持費用の虎の巻

「空き家」管理維持費用の虎の巻 〜「実家」を相続する全ての人たちへ〜シュミレーションで管理費用を知っておこう

日本に溢れかえる「空き家」問題。もはや、他人事ではありません。両親から相続した「実家」をどうするのか具体的に考えていますか?「空き家」となった「実家」をそのままにしておくと、様々な費用と労力が嵩み「負の資産」となってしまいます。「実家」相続後、「空き家」となった「実家」を管理維持していくことについて、具体的にシミュレーションし、自分自身にも社会にも健全な「空き家」対策を一緒に見つけていきましょう。


記事はコチラ:実家があるだけでお金がかかる。「空き家」管理維持費用の虎の巻


* * *

「空き家」となる「実家」を、リフォームする必要はある?その意義とは!?

日本は世界に類を見ない「空き家大国」。「空き家」問題は、誰しもに起こり得る問題です。両親の住む「実家」を相続した場合の、対処法を考えていますか?とりあえず相続して、そのままにしてしまっている人も多く、「放置空き家」の問題も深刻化しています。今回は将来「空き家」になってしまうかもしれない「実家」のリフォームの意義について詳しく解説していきます。


記事はコチラ:「空き家」となる「実家」を、リフォームする必要はある?その意義とは!?


* * *

「実家」が「空き家」になる前に知っておきたい、実家を買取してもらう選択!

「空き家」を譲りたい、手放したい人に読んで欲しい「入門手引き」!!_空き家の処分方法を知る

「空き家」を相続し所有することは、もはや他人事ではありません。現代の日本社会では「家余り」の状況が続いています。「空き家」を放置せず、しっかりと向き合い後世へと生かしていくことが今、とても必要とされています。今回は、「空き家」予備軍である「実家」を相続した際に、買取という方法も視野に入れて考え、「空き家」を有益に社会に循環させていく方法を探っていきます。


記事はコチラ:「実家」が「空き家」になる前に知っておきたい、実家を買取してもらう選択!


 お盆休み前の第二弾をお楽しみに。ぜひ実家で少しでも話してみてください。

 #実家の未来、実家で語らいのページはコチラ

<「空き家」にお困りの皆さま、「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

空き家活用株式会社
この記事を書いた人
みらいの日本を、この軍艦島のようにしてはいけない! 私たちが、空き家市場を構築するためのベースを作り、 あらゆる企業や行政、団体とともに空き家問題を解決する事業を作りたいと考えています。