空き家を活用するためのナレッジベース

【2拠点生活だからこそ、それぞれの良さを常に感じられる】“山”と“町”のデュアルライフを実践する三宅さんの事例

【2拠点生活だからこそ、それぞれの良さを常に感じられる】“山”と“町”のデュアルライフを実践する三宅さんの事例_ ハードルの高い最初の一歩を、小さくでもとりあえず踏み出す

働き方多様化コンサルタントとして、複業を始めたいビジネスマンのシゴトづくりやリモートワークの支援、講師業など行う一方、焚き火の魅力を伝える活動をしている三宅哲之さん。

現在は埼玉県比企郡の山中で、手ぶらで焚き火を楽しめる”焚き火base kokko”を運営し、同県和光市の自宅との2拠点複業生活を実現している。

そんな三宅さんに、”デュアルライフ”の魅力についてうかがった。

三宅哲之(みやけてつゆき)さん

日本焚き火コミュニケーション協会/焚き火base kokko主宰

働き方多様化コンサルタント

大手企業のエリート社員から一転、左遷、降格、パワハラにより辞職。

転職した先でもパワハラや倒産を経験するなど、激動のサラリーマン人生を経て起業した経験を活かし、働き方多様化コンサルタントとして10年で2,000人を超えるビジネスマンと向き合う。

『そうだ、焚き火をしよう〜忘れかけていた大切なものを取り戻す焚き火コミュニケーション〜』

『自宅ではじめるひとりビジネス』

『絶対成功 「好きなこと」で起業できる』

など、著書多数

標高700mの山中と都市部の自宅との2拠点生活

月平均で半々のペースで行き来

—本日はよろしくお願いいたします。

三宅さんは2018年から、比企郡の標高700mの山中にあるログハウスで、誰でも気軽に焚き火を楽しめる宿泊施設を運営されています。

ご自宅との2拠点生活ということですが、どのぐらいのペースで行き来されているんですか?

三宅さん:月平均でだいたい、半々ですね。

宿泊運営は妻が主体でやってくれているので、山に行く時はかならず夫婦で行っています。

薪にするための木を運んだり、薪割をしたりの肉体労働も妻が一緒にやってくれているんですが、体を動かすのはいいですね。

重い木を運んだり、チェーンソーで切ったりする時は余計なことを一切考えないので、雑念が消えるというか、無になれるんです。

翌日に来る筋肉痛は年々ひどくなっていますが(笑)

「それぞれの拠点でまったく逆のことをやる」

—それも、二拠点生活ならではの良さでしょうか。

三宅さん:そうですね、それぞれの拠点でまったく真逆のことをやる、というのは良いと思います。

いつもPCにかじりついて、背中を丸めて仕事し続けているのは良くない。

焚き火研修では参加者の方に必ず、落ち葉の上に寝っ転がって、空を見上げてもらうんですが、現代人にはこういうことが必要だと思います。

マインドフルネスというのが流行っていますけど、自然の中に身を置けば勝手にマインドフルネスになりますから。

焚き火コミュニケーションとは?

焚き火を囲むと本音が言い合える

—三宅さんは、“働き方多様化コンサルタント”と“日本焚き火コミュニケーション協会”の活動、企業向けの講師業の3つのお仕事をされているそうですね。

“焚き火の場づくり”の活動をされるようになったのは、どういった思いからなのでしょうか?

三宅さん:焚き火の経験のある方はわかると思うんですが、焚き火を囲むと、本音が言い合えるような、独特の空気が生まれるんですね。

サラリーマンをしていると、なかなか本音を言うことが許されないようなところがありますが、そうした人たちがフラットなコミュニケーションをとれる場をつくりたい、学生時代からやっている焚き火がいいんじゃないか、と考えてこの活動を始めるようになりました。

最初の3、4年は、会社帰りに寄ってもらえるよう都内のキャンプ場で焚き火のイベントをしていたんですが、これがものすごく大変だったんです。

都内での焚き火イベント運営に限界を感じる

—どういった苦労があったんでしょうか?

都内ではそもそもキャンプ場の数が限られますし、焚き火やイベントをするための装備一式を持ち込んだり…車からテントサイトまで荷物を運ぶのに、リヤカーを使って7往復ぐらいしていました。

夜に3時間弱のイベントをするために、朝から買い出しや設営をして、イベント後の撤去作業が終わって帰宅するのが夜中の1時、2時。

これはもう、年をとったら体力的に無理だぞ、と思って(笑)

—なるほど、体力的な理由が焚き火ベースKokkoにつながったんですね。

三宅さん:そうですね。

それに、やっぱりキャンプ場というのは使える時間も区切られるし、場所も選べないし、いろいろ制約がありますよね。

自分の思った時にいつでも好きなように焚き火ができる自分だけのフィールドというのが、ずっと欲しかったんです。

自由に焚き火ができる場のためのフィールド探し

当初は“山林”を探していた

—最初から空き家を探し始めたんですか?

三宅さん:いえ、ゼロから場所をつくりたかったんで、最初は山林を探していました。

ただ、なかなかこれという場所に出会えないし、やはり建屋を自分でつくるとなると相当時間がかかるなということで、空き家を探すという方向に転換したんです。

数で言うと50件くらい、2年近くかけて探した結果、ようやく出会ったのがいまの物件です。

思わぬ出費が…

—どういったところが、物件購入の決め手になったんでしょうか?

三宅さん:かなり山の上なんですが、電気・ガスも通っているし、湧き水利用の共同水道が引かれていました。

前のオーナーさんが丁寧に使われていたので、建物の状態も良くて、リノベしなくてもすぐに使えること山並みが見渡せる景色があることで、いまのところに決めました。

ところが、思わぬところで出費がありまして…

—どんな問題があったのでしょうか?

三宅さん:実際に使い始めてから、どうも臭いが気になる、となったんですね。

それでいろいろと調べてもらったところ、浄化槽にヒビが入っていて、交換しないとダメだ、ということになったんですね。

しかも、浄化した水を河川に流す通常の方式であれば、自治体からの助成が受けられるんですが、うちのものは水を地中に染み込ませる古い方式で助成の対象外だったために、100万円ほどかかりました。

物件探しには盲点になりがちな項目もしっかりとチェックを

—それは手痛い出費ですね。

三宅さん:そうですね、大きな出費でした。

やっぱり、物件を探している時って建物とかその周辺のことは見るけど、浄化槽って盲点じゃないですか。

だから、空き家を探す時にはそういうところも自分でチェックしたり、不動産屋さんに確認しておく、ということが大事かもしれませんね。

“山”の暮らしで得たもの

夫婦が過ごす小屋を自分で建てる

—Kokkoにゲストが泊まる際に、奥様とおふたりで過ごす小屋を、ご自分で建てられたそうですね。もともとDIYの経験がおありだったんですか?

三宅さん:いえ、DIYの経験も興味もまったく無かったんですが、雑誌を2冊ぐらい買って、見よう見まねで建てました。

やり始めたらハマって、いろいろと不要な道具まで買い込んでしまいました(笑)

—新たに生まれた興味やよろこびというのがあるんですね。

三宅さん:そうですね。山の中なので平日は人がいなくて、風の音や鳥の声しか聴こえないぐらい静かなんですが、こういう環境の中にいると、五感が立ってくるというか、人間の本来持っているものに向き合うような感覚があります。

そういう状況でゼロから物をつくる、というのはとても楽しいですね。

山で暮らせば自然とサスティナブルな生活になる

—資材費はけっこうかかったのではないですか?

三宅さん:実は、小屋の半分ぐらいは、廃材を使っているんです。

こっちで知り合いになった製材屋さんから、木を切り出した際に出る余りの部分は捨ててしまうというのを聞いて、それをもらって作りました。

—それは、SDGsで提唱されるサスティナブルな消費・生産のパターンにも適った手法と言えるかもしれませんね。

三宅さん:そうですね…ただ結果としてそうなっただけであって。

山中での暮らしをする、ということを考えた時に自然とそういう形になる、ということなのかもしれません。

他にも倉庫や薪棚を作ったんですが、それはすべてもらってきた廃材を利用しています。

デュアルライフのメリット

2拠点だからこそ双方の生活の良いところに気づける

—2拠点生活を送っていて感じるメリットは、どんなことでしょうか?

三宅さん:物にあふれた都会での便利な生活の中で忘れてしまう、シンプルな幸せ、贅沢というものが山の暮らしにはありますよね。

ひと言でいうと「心の豊かさ」ですね。

でも、決して街の中での暮らしが悪いということではなく、良いところも沢山あって、そうした普通に暮らしていると見落としてしまう良さに気づける、というのがデュアルライフの良いところですね。

どこかに完全に移住してしまうとその先での暮らしは「当たり前」になってしまいますが、2拠点で動いていると、行ったり来たりのなかで常に“街”と“山”の生活の違いを比較できるんです。

2拠点生活を検討中の方へ

単に2つ目の家を持つだけでなく、複業を持つことが大事

—コロナ禍を機にリモートワークが広まり、郊外に拠点を移したり、2拠点目を持とうと考える人も増えてきました。

そうした方々になにかアドバイスはありますか?

三宅さん:ぜひやって欲しいのが、2拠点目を別荘利用で週末に行く“オフ”の場所にするのでなく、なにか自分が楽しめる仕事をする場所にすることです。

“オン”と“オフ”に分けて考えるのではなく、どちらにも仕事を含めた“暮らし”があると、「どちらも“オン”であり“オフ”」になるんです。

—新しく仕事を見つける、というとハードルがあるようにも感じます。

三宅さん:糸口として、どんなにちっちゃくてもいいから、「自分でもうひとつの仕事をつくる」という発想を持ちたいですね。

いま、リモート化が進んで、本当にどこでも仕事ができますから。

私も20年以上、会社勤めを経験して思うことですが、サラリーマンをやっていると本当に考えが固定化しやすいんです。

2拠点目を持つ、複業を持つというのはそういう固定観念を取り払う機会になるので、40代50代のビジネスマンにこそおすすめです。

起業とか独立、となるとハードルが高く感じますが、小さくても複業を始める、というのがおすすめです。

2拠点複業生活で心の豊かさを得られれば、きっと視界が変わりますよ。

三宅さんの近著もぜひ!

2021年2月に上梓された、

『そうだ、焚き火をしよう 忘れかけていた大切なものを取り戻す焚き火』

初心者に向けたやさしい焚き火のやり方、焚き火が生み出すコミュニケーションの素晴らしさが解説された良書です。

編集後記

「どんなに小さくてもいいから本業とは別のもうひとつの仕事をつくることで、自分の中の固定観念を取り払える」

という三宅さんの言葉が、とても腑に落ちました。

私自身、友人に手伝いを請われたことがきっかけで副業ライターを始めましたが、視野がとても広がったのを実感しています。

でもきっと、自分でなにか副業を作ろうと考えたら、最初の一歩がなかなか踏み出せずにいただろうとも思うのです。

ハードルの高い最初の一歩を、小さくでもとりあえず踏み出す。

何事もに通ずる金言ではないでしょうか。

空き家購入・利活用に関わるご相談なら

以下よりお気軽にお問い合わせください。

どのように活用したいかの目的や、ご希望の地域などをお知らせいただければ、それを元に弊社スタッフが対応いたします!

一緒に空き家の問題を解決していきましょう。
Leo
この記事を書いた人
元月刊誌編集者・元プロキックボクサーのフリーライター。コロナ禍を機に飼い始めた猫に夢中です。