その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

連載#5(最終回):市場へのハードルを下げるお出迎え策の数々。再生のカギとなる「発信」の仕方とは

あえてアナログな“チラシ”で発信するのもアリ

坂本 発信というのは具体的にはどうすればいいんですか? 

和田 例えば今度わたし達は宮崎県の延岡市でオリンピアンを呼んで空き家活用のイベントをやろうと思っています。そうした有名人をシンボルにすると、マスコミも取材にしてくれて大変効果的です。

坂本 タレントを使わずに、ローカルでやることもできるんですか?

和田 もちろんできますよ。あまりにも地方だと難しいのですが、神戸市という関西有数の都市にあるこの市場は、歴史も含めてポテンシャルが高いですからね。地道にやり続ければ神戸市の広報にも出るでしょうし、新聞やテレビも来てくれると思いますよ。


冬にはイルミネーションも!(写真提供:いちばたけ)

坂本 SNS を活用することについてはどうでしょう?

和田 市場は商圏が狭いので、SNSを利用した口コミは有効だと思います。むしろアナログ的にチラシをまくのも面白いかもしれませんね。そこにQRコードを印刷して、動画サイトに誘導するとか。

坂本 空き家活用さんもお手伝いをしてくれますか?

和田 もちろんです。僕らは空き家活用の方法をどう発信していこうかと常に考えているので。でもただ広告宣伝費をもらうやり方は好きじゃありません。一緒に考えていく、二人三脚でやって行ければと思います。

坂本 よろしくお願いします! 

和田  こちらこそよろしくお願いします。とりあえずシェアオフィスを作ったら我が社も入りますんで……って、勝手に言ったらまたうちのスタッフに怒られちゃうなあ(笑)

(了)

<「空き家」でお悩みの皆さま、「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

いからし ひろき
この記事を書いた人
日刊ゲンダイやおとなの週末などで執筆するフリーライター・開運研究家のいからしひろき。 テレビやウェブの仕事もしています。得意なテーマは旅、歴史、酒、グルメ、健康など。 facebook https://www.facebook.com/hirokionsen blog http://weekendmania.blog.jp/