その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

「実家」が「空き家」になる前に知っておきたい、実家を買取してもらう選択!

「空き家」を相続し所有することは、もはや他人事ではありません。現代の日本社会では「家余り」の状況が続いています。「空き家」を放置せず、しっかりと向き合い後世へと生かしていくことが今、とても必要とされています。今回は、「空き家」予備軍である「実家」を相続した際に、買取という方法も視野に入れて考え、「空き家」を有益に社会に循環させていく方法を探っていきます。

* * *

相続する「実家」は、「空き家」になりますか?

「空き家」を持て余す人々

今、日本には「空き家」を持て余し、頭を抱えている人々が多くいます。

核家族化、超高齢化社会、少子化など、日本の社会情勢も「空き家問題」を後押ししているのです。

総務省統計局の調査では、2018年の段階で、日本の「空き家」総数は、およそ849万戸。

1世帯当たりの住宅数は1.16%と報告され、この数字を単純に見ても、日本の家余りの現状が分かります。

2025年には団塊世代が後期高齢者となり、「空き家」は今後も増えていくと予想されます。

「空き家問題」はもはや、他人事ではなく、実家や親戚家など、「家」を相続する可能性がある人には誰にでも起こり得る問題です。

また、「空き家問題」は、自分だけの問題ではなく、地域社会、子世代・孫世代と代々に引き継がれる問題であることを認識しましょう。

「空き家」を所有することで起こる負担

「空き家」を所有することの何が一体負担になるのか、具体的にイメージできていますか?

「家」を相続したら、「納税の義務」と「管理の責任」が発生します。

負担① 【金銭的な負担】

「家」を相続すると、必ず固定資産税を納める義務があります。これは、「家」の所有者である限り永続的なものなので、金額はさほど大きくはなくても、じわじわと負担に感じます。

その他にも、相続した「家」を定期的に掃除したり、点検したりするための費用も考えられます。

実家が遠方にある、持病があって行けないなど、自分で「空き家」のメンテナンスができない人は、外注する費用が、自分で行う人も交通費などが発生するのです。

負担② 【心理的な負担】

「家」は、人が住まう場所。本来であればそこには、生活があり、地域の方との交流もあります。

放置された「空き家」があることは、地域の方にとっては困り事。「空き家」所有者には、「空き家」を綺麗に清潔に安全に保っておく、責任があります。

地域の方と「空き家」を巡って、トラブルにならないようコミュニケーションを取ったり、様々な気苦労もつきものです。

相続する予定の「実家」について事前に真剣に考える必要性

相続する予定の家が「空き家」になってしまう可能性が高い場合、前々から「空き家」をどうするのがベストなのか考え、検討しておくことは非常に重要です。

自分一人で考えるのではなく、親兄弟姉妹、親戚などを交え、みんなで話し合い、お互いに意見を交わし合いながら、「空き家」と向き合うことが大切です。

* * *

なぜ「空き家」放置は絶対NGなのか!?

なんとなく、「家」を引き継いだけれど、自分で住むこともなく、何かに活用することもなく、「なんとかしないとなぁ・・・。」と考えながらも、毎日の生活や仕事に追われ、ついつい「空き家」のまま、そのままという人も多くいます。

この章では、「空き家」を放置することの弊害について書いていきます。

「放置空き家」の悪影響

「空き家」をそのままにして、放置するという選択は、自分のためにも、未来の子どもたちのためにも、周辺環境に暮らす人々、社会にとっても健全な選択ではありません。

人が住まない、人が寄り付かなくなってしまった「空き家」には、たくさんの負の要素があります。

ゴミの不法投棄、スズメバチなどの害虫の発生、犯罪の誘因、災害による家屋倒壊のリスク増など様々。

管理の行き届いてない、「放置空き家」が増加することは、社会の荒廃に繋がり、街から活気を奪います。

「放置空き家」だらけになった、日本の未来を想像すると心が痛むのです。

このような、「放置空き家」に対応すべく2015年に施行されたのが、「空き家特別措置法」です。

「放置空き家」への是正勧告や所有者負担の強制撤去執行など、より強い措置が取られるようになり、「空き家」への世間の目はより厳しくなってきていると考えられます。

「空き家」を綺麗に清潔に安全に保っておくことは、「空き家」を所有する上での、最低限のモラルとして捉え、心構えておきましょう。

活用する予定のない「空き家」は、手放すことも一つの手段

自分で住む予定もない、賃貸に出したりして活用することもない「家」は、そのままでは「負」の要素が大きいです。

管理の負担を軽くするために、建物を解体し更地にしても、今度は固定資産税が最大で6倍にも跳ね上がってしまい、金銭的な負担が増大します。

思い切って使わない「空き家」を手放し、活用できる人や会社に利用してもらう選択は、資産をプラスの方向に有効活用することになります。

それだけでなく、周辺の環境や地域社会への貢献となり、サステイナブルな未来へと繋がるのです。

<次ページ:「空き家」を買取してもらう方法も視野に入れよう!>

読み終わる前にすぐ相談したい!?空き家所有者、活用したい方はコチラ!

麻衣子(Smiycle)
この記事を書いた人
旅行会社勤務を経て、フリーランスのライターへ転身。古民家シェアハウスに住み、Airbnbを利用して海外を旅した経験から、日本の空き家問題に興味を持ち、明るい未来に繋がる記事を書いています。