その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

空き家となる実家を売るまでの流れ解説!どうしても手放せない方向けの対処法も

空き家となる実家が売れない!そんな時の選択肢。

空き家になるとは言え、実家で暮らした思い出や思い入れのある物件は、手放しにくい方も多いものです。

しかし、空き家として放置しておけば、税金や維持費を必要以上に支払う必要がでてきます。

ここでは、そんな所有者の悩みを解消するべく、実家を売るに売れない方へ向けた、「売る」以外の選択肢をご紹介していきます。

貸す

直接交渉し、知り合いに貸したり、不動産事業者などを介して実家を貸し出すことも可能です。

貸すうえでの手続きや設備投資はもちろん必要ですが、長く人が住み続けることは、建物を生きたまま維持することに繋がります。

自分は住めないけど実家を残しておきたい場合は、求める方に「貸す」という手段も悪くないでしょう。

別宅として利用する

実家と現在の住まいが離れている場合は、用途を考えたうえで「別宅」として利用する方法もあります。

リモートワークも普及している現代では、通勤時は都市部で過ごし、それ以外の日は郊外で暮らす「デュアルライフ」という生活様式を取り入れる方も少なくありません。

もちろん、税金や維持費は自宅とは別に必要になりますので、諸経費を概算したうえで利用することがお薦めです。

地域の方も顔見知りである場合が多く、不在時も周囲の見守りがある点は実家ならではの利点であるとも言えます。

ご家族と将来の人生設計を共有しながら、維持しながら実家を利用し続けるのも方法のひとつといえるでしょう。

参照:アフターコロナで注目を集める、空き家を活用したデュアルライフ。ユーザー像を考察し、事業化に向けたアクションを整理します。|空き家活用Lab

事業活用する

民泊やゲストハウス、サテライトオフィスやシェアオフィスなど、地域の特性にあわせて空き家となった実家を事業活用するのも、お薦めの方法です。

このほかにも商店やカフェのような店舗としての空き家利用も、現在では全国的に増えてきている傾向にあります。

事業活用にあたり、運用や準備など事業化に関しての知識が必要な方は、空き家専門機関へのご相談もお薦めです。

事業者にもよりますが、空き家の対策・活用方法の相談から、運用や活用の協力を依頼することもできます。

専門知識があれば、時代や地域のニーズに合った活用方法を参考にしながら、効率的に運用を進めることができるので安心です。

思い出の詰まった実家を地域のために活用することは、非常に有意義な活用方法だといえます。

* * *

後悔のない実家の対策は、空き家専門機関へご相談

経験や知識が充分でない状態での空き家の取引は、誰もが当然不安を感じるものです。

また、実家を売る場合の手続きや税金の対策も、調べるだけでも非常に時間を必要とし、労力を必要とします。

効率的に対策するならば、想い出の詰まった実家の活用や売却を、後悔なく行うことが可能な空き家専門企業への相談が近道です。

知識がある方は別ですが、空き家や住宅の知識が充分で無い場合は、気軽に相談してみると良いでしょう。

実家を賢く売るから、運用・活用までサポートが可能です。

弊社空き家活用株式会社においても、空き家の専門知識を生かし、空き家に関する幅広いご相談に対応しています。

機械的には計ることができない「想い出」や「お気持ち」にも寄り添いながら、賢く売る方法を共に考えることはもちろん、活用ノウハウのご提供や状況にあわせたご提案も可能です。

私たちは、時代や地域の特性も視野に入れながら「活用」か「売却」かを後悔なく選択できるよう、サポートもしています。

そして、必要に応じて空き家物件の管理方法から事業活用の際の運用まで、幅広いご協力ができる点も弊社組織の強みです。

大切な空き家を賢く対策したいご意向があれば、まずは空き家活用株式会社への相談をご一考下さい。

(了)

<「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

スペイン商事
この記事を書いた人
特区民泊アパートメントホテル運営中のフリーライター。感性に触れたコトを読み手の暮らしに触れるモノに。出雲に生まれ、もう長いこと大阪で暮らしています。