その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

実家が空き家に!? 気付いたときがチャンス、事前にスッキリ対処する方法がコレ

実家の空き家対策をさらに賢く対策する

基本の空き家対策の方法を確認したところで、次は応用編です。

空き家対策を工夫することで、相続や税金などの問題も実は解決できます。

その一例を整理していますので、賢い対策に役立てましょう。

相続分割が難しい場合にも役立つ「売却」

実家を財産として譲り受ける場合は、物ですので兄弟間の相続も難しいもの。

分割が難しい場合は売却を行い、お金にすれば相続も容易です。

上手く売却を活用することで、周囲も納得する対策となるでしょう。

また、自宅を担保に融資を受けられる、リバースモゲージを活用する方法もあります。

この方法なら親が亡くなった場合、返済は物件売却益で行うことが可能です。

所有者である親の生活費に困った場合に、有効な手段のひとつと言えます。

「賃貸」や「売却」は施設利用の助けにも。

所有者である親が施設に入る前などであれば、対策方法を工夫し費用を軽減できます。

例えば先程ご紹介した、「賃貸」や「売却」を行なった際の利益を介護費用に充てるのです。

継続して掛かる費用負担が軽減され、親に十分な介護を提供する助けとなるでしょう。

市街地なら一部店舗貸しも可能

同じ賃貸という対策でも、一部のみ賃貸とすることも可能です。

例えば商店街や市街地などの商売に適した場所なら、1階のみを店舗貸する方法もあります。

2階は個人利用することもできる、便利な対策方法です。

また、所有者である親が存命中に店舗貸しを行なえば、相続税を下げることもできます。

店舗が貸しの場合にはリフォーム等が必要となりますが、メリットも沢山ある方法です。

選択肢のひとつとして、頭に入れておくと良いでしょう。

賢くお得に空き家対策するなら専門機関へ相談を。

所有者の半数程度は、親が健在な時期から早めの対策を検討しています。

その理由の多くは、相続税対策と納得感のある対策を行うためです。

賢くできるだけお得に対策を望む場合は、空き家専門機関への相談をお薦めします。

私たち空き家活用株式会社も、空き家に関する相談が可能な専門機関です。

空き家の対策事例なども多く保有しており、提案を踏まえて方針を決定することもできます。

空き家の活用や運用についてもサポート可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

<次ページ:実家を相続したら、まずは片付けから始めよう!>

読み終わる前にすぐ相談したい!?空き家所有者、活用したい方はコチラ!

スペイン商事
この記事を書いた人
特区民泊アパートメントホテル運営中のフリーライター。感性に触れたコトを読み手の暮らしに触れるモノに。出雲に生まれ、もう長いこと大阪で暮らしています。