その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

とにかく「片付け」こそ、空き家対策の第一歩。実家を空き家にする片付け問題

お盆などの帰省も「実家片付け」のタイミング!

たまの実家帰省時ちょっとずつ実家の片付けは効果的!

せっかくの休みの日や休暇に実家を片付けするのは億劫。でも、少しずつでも必ず意味があります。

掃除・片付けをすれば確実にいらない物は減っていくし、「実家」は片付いていきます。

また、物を溜め込みがちな両親の意識改革にも繋がります。日頃から、一緒に掃除・片付けをしたことで、断捨離に目を向けてくれるようになるかもしれません。

「実家」をどうしていくのか、遺産についてなど、家族で話し合う機会にもなります。

「空き家」問題は、1人で抱え込むのではなく、家族や親族、地域の方と共有すべき問題であることを忘れてはいけません。

* * *

業者さんにお願いして一掃するのも一つの妙案

自分で片付ける時間や労力がない場合、業者にお願いするのも一つの手段。その場合、不用品回収業者と遺品整理業者の違いをしっかり認識しておきましょう。

不用品回収業者

処分しにくい家電や粗大ゴミなどを一掃してもらえます。ですが、資産価値のある物を仕分けはしてくれません。

ゴミを集めて捨てることが目的なので、物の扱いが大雑把です。費用面では、遺品整理業者より安いことが多いです。

遺品整理業者

不用品回収業者と比較すると、割高にはなりますが、その分資産価値のあるもの、思い出の品など細やかに仕分けしながら整理整頓をしてもらえます。

また、ゴミの撤去だけでなく部屋の掃除も含まれることが多いです。

どちらの業者に依頼するにしても、家の大きさや物の多さなどで料金は大幅に増減します。

1軒家であれば20万円〜数百万円と振れ幅があります。いずれにしろ、できる限り前々から自分で仕分けや片付けをし、物を減らしておいた方が、費用を節約できることは確かです。

また、業者に依頼をする場合は、複数社に見積もりを取って、納得のいく業者さんにお願いすることをお忘れなく。

こんな時はどうするの!?仏壇の処分

「実家」にある大きな「仏壇」の対処に困る人も多いです。菩提寺に相談をすれば「魂抜き」や「魂入れ」の法要を行ってもらえるので安心です。

最近では、実家にある大きな仏壇から、自宅に入る小さくコンパクトな仏壇への「魂のお引越し」も増えています。

「魂抜き」や「魂入れ」の適切な処置を行えば、「実家」にある「仏壇」は供養し、お焚きあげの処分ができます。

さぁ実家の片付けで、「空き家対策」に備えよう!

「実家」を片付け、断捨離することは「空き家対策」に必要不可欠なこと。

何から始めたらいいのか分からない人でも、片付けは、できるはずです。

「実家」を片付け、両親と話し合いながら、「空き家」となる我が家をどうしていくのかしっかりと向き合いましょう。

「空き家」問題や活用に少しでも興味を持ったなら、是非、「空き家活用株式会社」へ!

「空き家」のスペシャリスト達と一緒に、「空き家」について学んでいきませんか?

(了)

<「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

麻衣子(Smiycle)
この記事を書いた人
旅行会社勤務を経て、フリーランスのライターへ転身。古民家シェアハウスに住み、Airbnbを利用して海外を旅した経験から、日本の空き家問題に興味を持ち、明るい未来に繋がる記事を書いています。