その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

空き家の基本的な管理方法とは? ~保存版!管理マニュアル~

問題点を払拭!空き家管理サービスとは?

ご自身で管理できなければ、空き家の管理サービスを活用することもできる時代となりました。

多くの場合は、自身で管理するより費用が必要になりますが、その代わりに管理を自ら行う際の問題点を払拭することも可能です。

ここでは、管理代行サービスの活用で、どんな問題点を解消できるかを確認していきます。

空き家管理サービスの概要と利点を把握できる内容ですので、確認していきましょう。

空き家管理で払拭できる、管理の問題点とは?

ここでご紹介する問題点は、すべて空き家管理サービスによって解消できる内容です。

環境や条件によって異なり、すべての方に当てはまる問題点ではありませんが、ご自身に該当する内容があるか確認してみて下さい。

①管理に必要な時間の問題

管理における代表的な問題点は、最低月1回の定期訪問や作業の時間ではないでしょうか?

特にお仕事をされている方であれば、貴重な休日を作業日に当てる必要があります。

また、戸建ての場合は作業量も多く、場合によっては複数名を集めて行う必要もあるでしょう。

必要な人に声を掛け、時間を調整し、作業時間を確保する。

管理実務以外に費やす時間も意外と多いので、後々負担となりやすいポイントです。

これらの作業をすべて任せることができるのが、管理サービスの利点だと言えます。

②移動に必要な時間と費用問題

自宅から所有している空き家までの移動も、意外と馬鹿にできない問題点です。

一般的に自宅と空き家の距離が離れるほど、時間も費用も必要となります。

概算時に想定費用を超える場合は、管理サービスへの外注をすることで解決ができるでしょう。

③空き家の維持管理の知識不足問題

空き家を上手に維持管理する際には、それなりの知識が必要となります。

例えば濡れた床際のメンテナンスや、畳などを張り替える時期など、ほおっておくと劣化に繋がる問題も、知識がなければ見過ごす可能性があるのです。

その点、専門のサービスに任せれば、自身で知識を入れる必要がありません。

適切な畳や床の張替え・交換の時期を提案するサービスもありますので、必要にあわせて選定・依頼をすれば、管理における不安も取り除けるでしょう。

④周囲とのトラブル問題

空き家管理の際には、近隣住民の方とのトラブルに見舞われる場合もあります。

植木がはみ出たり程度なら心配ありませんが、壁が崩落したりすれば賠償に発展する場合もあります。

そのようなトラブルを避ける際にも、空き家管理サービスの活用は有効です。

サービスによっては専門家の目線から事前アドバイスを受け、必要があれば解決のサポートまで依頼できます。

トラブルが不安な方にとっては、心強い味方となるはずです。

⑤その後の空き家活用問題

空き家を管理した後、自宅などにする場合は問題ありませんが、活用をする場合は活用の知識も必要となります。

空き家活用は、地域や時代によって活用のニーズも移り替わりますので、まずは当メディアを参照頂くことも一つの方法です。

しかし、自身の予算や状況を加味した活用は、意外と決断するのが難しいこともあります。

そのため、空き家を最大限に生かした効率的な活用を、どの時期に行うかを含め、一緒に決めることができるパートナーを置くことが最良の方法です。

管理サービスの中には活用提案を行っているものもある為、必要に応じて協力を仰げば、心強い味方となるはずです。

<参考記事>代表的な空き家管理サービスを比較!依頼するメリット・デメリット、選定方法を解説します。|空き家活用Lab

<参考記事>空き家の管理代行会社の賢い選び方 !  〜費用感や選び方と注意点・無料管理方法〜|空き家活用Lab

空き家管理は準備と計画が命です

今回は、自身で空き家管理を行う際の、基本の流れや注意点を整理しました。

管理の目的を含めてご紹介しましたが、把握することはできたでしょうか?

自身で空き家管理のキモは、ズバリ「準備と計画」にあります。

必要な時間や費用について事前にしっかりと確認することなど、管理前の準備が最も大切です。

時間や費用の折り合いがつかない場合は、管理サービスの活用を検討してみるのも良いでしょう。

空き家管理から活用まで。無料相談も可能です。

時間や費用の問題を解決したい場合は、空き家専門機関に相談をしてみることもお薦めです。

私たち空き家活用株式会社も空き家専門機関として、幅広いサポートを行っています。

個人・法人問わず、空き家に関する無料相談も可能となっていますので、今後の管理・活用の方針に悩まれている場合も含め、まずはお気軽にご相談ください。

また弊社では空き家の相談はもちろん、管理・運用までを一気通貫でサポートしています。

自身の管理負担をできるだけ手放したい場合には、実務面での幅広いサポートも可能です。

お悩みの場合やサポートが必要な場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

(了)

<「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

スペイン商事
この記事を書いた人
特区民泊アパートメントホテル運営中のフリーライター。感性に触れたコトを読み手の暮らしに触れるモノに。出雲に生まれ、もう長いこと大阪で暮らしています。