空き家の賢い探し方とは?「空き家バンク」「空き家ゲートウェイ」「AKIDAS」のメリットデメリット。

目次

空き家バンクでの探し方とメリットデメリット

3つの代表的な空き家探しサイトの中から、まずは「空き家バンク」から見ていきましょう。

空き家バンクとは?

3つのサイトの中でも、最もポピュラーな空き家バンク。このサイトの最大の特徴は、自治体が中心となって運営している空き家探しサイトである点です。空き家所有者は、サイトを介し物件の販売や賃貸が可能。購入希望者は、サイトを通して物件状態も確認することができ、所有者との契約申し込みをすることもできるサイトです。

メリット①自治体連携で全国に登録物件がある

自治体が連携しているサイトですので、地域に関わらず、物件が登録されるメリットがあります。そのため、都市部だけでなく、地方にも空き家登録があり、田舎の空き家物件探しも可能です。

メリット②補助金利用がスムーズ

自治体連携の強みは、補助金利用の利便性にもあります。サイト内に記載ある自治体もあり、自治体担当者とのやり取りを通して、アドバイスをもらうこともできるでしょう。ほとんどの場合、補助の上限金額は決まっていますが、補修や購入の際に支給される補助金などもありますので、積極的に活用すると良いでしょう。

デメリット①空き家の活用法や情報が弱い

営利目的ではない部分もあり、空き家の活用方法や関連情報については、画一的な内容も多い面があります。地域によっては活用事例がほとんど無い場合もありますので、事業方針や活用方法については、事前に調べておくことが必要です。

デメリット②物件数が少ない

自治体が主体となった信頼あるサイトですが、物件数が増えにくい傾向にあります。利用者が空き家物件を登録する際は登録手続きが必要ですが、手続きに手間を費やす必要があることが理由の1つ。特に高齢者の所有者であれば手続きが面倒に感じ、登録しないケースもあるのです。

空き家バンクのデメリットについて、他記事で細かく解説しております。もう少し詳しく知りたい方については、以下の記事をご覧ください。

空き家活用ラボ
空き家活用ラボ その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

空き家の原因となるトラブルがあった場合も、情報収集から解消まで自己責任の部分も多いサービスです。競合が少ない地域であればメリットもありますが、購入までの工程を考えると、ノウハウがない場合は手間が必要になる探し方と言えるでしょう。

空き家ゲートウェイでの探し方とメリットデメリット

次に、空き家ゲートウェイについて整理していきます。

空き家ゲートウェイとは?

空き家ゲートウェイは、2019年7月から開始された新しい空き家探しサイト。「日本の100均物件を網羅するマッチングサイト」というコンセプトを掲げ、100円か100万円で物件を販売しています。売れない物件を低価格で登録し、空き家の運用を活性化しているサービスです。

メリット①物件価格が100円から

空き家ゲートウェイの売りは、100円から空き家を購入できる価格にあります。元々は無料掲載を計画していましたが、譲渡扱いになり税金が負担になるため、最低価格は100円から販売しているシステム。契約書作成などを依頼する、司法書士への費用などは必要ですが、それを加味しても価格面はメリットと言えます。

メリット②ブログ形式のレポートで、物件情報が確認できる

物件の写真を複数枚掲載した記事が用意され、気軽に物件情報を確認することができます。物件の間取りや築年数はもちろん、部屋の情報もコメント付きで紹介されています。周辺環境も紹介されていますので、普段から気軽に物件情報に触れられる点は、メリットと言えそうです。

デメリット①新しいメディアだから、物件が少ない

2019年7月スタートのサイトということもあり、物件数は他サイトに比べ大幅に少なくなっています。また、地域もランダムに紹介されていますので、希望する地域が既に決まっている場合は、探すのにも苦労することがあるでしょう。

デメリット②物件の状態や周辺環境に注意

低価格物件の多くは、今まで動かなかった物件が大半だということを忘れてはいけません。単純に手続が面倒で動かなかった物件もありますが、買い手がつかない理由には注意が必要です。物件の老朽化や周辺住民とのトラブルはないかなど、丁寧に確認することが大切です。

AKIDASでの空き家の探し方とメリットデメリット

最後に、AKIDAS(アキダス)についてご紹介していきます。

AKIDAS(アキダス)

AKIDAS(アキダス)は、弊社・空き家活用株式会社にて運用している、空き家探しのサービスです。社会問題となっている空き家を軸に据えた、新たなビジネスを創造することを目的としています。

メリット①信頼性の高い情報

登録されている物件は、案件化していない物件や公表されていない物件が中心。「専門の調査員」が現地に直接赴き物件を調査、登録しています。独自のルートで空き家情報を蓄積しているため、信頼性が高く、競合が少ないことがメリットのひとつです。

メリット②郊外物件だけではなく、都心物件も登録

空き家探しサイトの場合は、郊外・都心のどちらかに偏る場合も比較的多いですが、AKIDAS(アキダス)は幅広く空き家情報をカバーしているのも特徴。一都三県で約10万件以上の物件をストックしているため、様々な活用方法に対応できるのも強みと言えます。

メリット③空き家活用に関するノウハウを得られる

空き家データで探した物件を購入するだけでなく、企業、個人向けの活用相談から運用までの提案ができるのもAKIDAS(アキダス)の特徴です。現在ご覧にいただいている、空き家活用Labなどの情報からも、最新の情報や運用などのノウハウを得られるので、空き家を活用したい多くの方に利用しやすいサービスとなっています。

デメリット①全国視点でいくと登録物件は増加途上

AKIDAS(アキダス)もまだ新しいサービスということもあり、全国という視点では登録物件は偏りがあります。そのため地域によっては登録物件が少なく、希望の物件を見つけられない場合もあります。都道府県などで検索できるシステムがありますので、指定の地域があれば登録状況を確認すると良いでしょう。

デメリット②月額料金が必要な有料制

月額料金が有料制となっているのも、特徴のひとつです。検索件数によってプラン設計されており、トライアル1万円/月5件、スタンダード10万円/月50件、プレミアムプラン15万/月100件が基本プランとなっています。個人の方は費用負担を考慮し、適性プランでの利用に注意したいところです。

しかし、空き家探しサービスは有料化の傾向にあるのが現状です。信頼性の高い情報があり、選定から活用までの手間が省けるメリットを感じる方には、非常に心強いサービスになると言えます。

正しい手段を選定するためのポイント

最後に空き家探しの正しい手段を選定するための、ポイントを整理しておきましょう。

空き家購入地域や戦略から探し方を考える

探し方の選定方法のポイントは、空き家購入地域や戦略を基準に照らし合わせて、探し方を選ぶことです。運用や活用のノウハウがあり、地方郊外物件なら「空き家バンク」。空き家の傾向や興味を喚起する意味では、「空き家ゲートウェイ」。運用、活用の知識を得ながら、不要な手間を省きたい場合は「AKIDAS(アキダス)」がひとつの目安です。

その他のポイントがある場合は、それぞれのサイト特徴に照らし合わせて、適切な空き家の探し方を選定すると良いでしょう。

相談をしながら、戦略にあったプランで始められる

空き家の探し方を効率的に行うことは、事業展開のスピードが上がるだけでなく、運用に掛かる経費も抑える効果もあります。空き家事業をスムーズに軌道に乗せて行くためにも、今回の内容を空き家の探し方を選ぶためにお役立てください。

そして、効率的な探し方と、安定した運用に協力が必要な場合は、弊社が運用するAKIDAS(アキダス)をぜひご一考いただけたら嬉しいと考えております。事業規模や戦略によってプラン設定が可能で、個人や小規模事業の場合はトライアルプラン、長期的に戦略的に事業を進める場合はスタンダード以上のプランが目安です。追加オプションで検索数を増やす事も可能ですので、事業進捗の変化にも対応できる仕様となっています。

活用を含めたご相談も可能ですので、是非お気軽にご利用、ご相談ください。

(了)

<「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

特区民泊アパートメントホテル運営中のフリーライター。感性に触れたコトを読み手の暮らしに触れるモノに。出雲に生まれ、もう長いこと大阪で暮らしています。

目次