空き家を活用するためのナレッジベース

【民泊の清掃】自分で?業者に頼む?始める前に知りたい手順・費用

民泊の清掃

民泊施設の清掃は、安定して宿泊者を呼び込むうえで非常に大切です。

しかし、「何をどのように行なったらいいのかわからない」という方も多いでしょう。

そこで今回は、民泊の清掃方法や決めておくべきことなどをわかりやすくご紹介します。

清掃の仕上がりは民泊の印象を左右する

チェックしておきたい部屋の清掃について

宿泊者が施設を利用する際、建物の作りやロケーション以外に「清掃が行き届いているか」という点は非常に気になるポイントとなるからです。

旅館やホテルなどの選択肢もある中、民泊施設を選んだ宿泊者は特別な体験を望んでいるで方が多くなっています。民泊ホストとのコミュニケーションや文化的な体験、あるいは家族だけで貸し切って過ごすゆったりとした時間など。

しかし、それらを提供できたとしても、清掃一つで部屋の印象が台無しになってしまう場合もあるのです。

大手民泊仲介サイト・Airbnbのレビューには、「清潔さ」「掲載情報の正確さ」「コミュニケーション」「所在地」「チェックイン」の5項目があります。

このうち、清潔さはホスト側の努力によって改善できる項目です。

レビューをチェックしていくと、スーパーホストと呼ばれる経験豊富なホストの民泊施設でも、時たま清潔さに不満が出ているケースがありました。

“全く清掃されていないかと思うほど床やカーペットはホコリと髪の毛が沢山あり、風呂場、洗面台はカビと汚れが酷いです。風呂場の椅子も汚くて座る事が出来ませんでした。”

引用:Airbnb

“建物が古く、部屋のドアが閉められない状態。内部が埃っぽく、余り清掃しておられないように思えました。宿泊者の問題でもありますが、キッチンのシンクに残飯が放置されたり、ゴミが溢れていたり、衛生面で少し問題があるように感じられました。”

引用:Airbnb

インターネットを介して民泊を行う際、レビューは非常に重要です。レビューを気にしない宿泊者はほとんどいないでしょう。1つのサイトだけを利用して宿泊者を募っている場合には、1つでも悪いレビューがつくと一気に宿泊率が低下する恐れもあります

清潔さについての悪いレビューは主に浴室やトイレ、ベッド、ゴミ問題に集中しやすいため、とくに注意したいポイントです。

掃除の徹底を心がけるだけでなく、ひどい汚れや設備の破損を防止するために、宿泊者へ部屋の使い方をしっかりと説明しましょう。

多言語での使い方説明を設置しよう

家主不在型民泊の場合、ゲストがわかりやすいように部屋の使い方や注意点などをまとめたマニュアルは必須となります。

あらかじめ注意事項をメールなどで送っていたとしても、部屋もしくは部屋に入る前のロビーなどの目立つところに置いておき、手にとってもらえるようにしましょう。

とくに外国人旅行者が多い地域・施設では「部屋では靴を脱いで過ごす」といった日本では当たり前のことが通じず、トラブルになる可能性もあります。トラブルに発展すれば互いに嫌な思いをするだけでなく、家具や電化製品の破損などにつながることもあるでしょう。

英語・中国語・韓国語など多言語でのマニュアルを設置することで、部屋を適切に使用してもらいやすくなります。

多言語でのマニュアル制作が難しい場合には、クラウドソーシングやスキル販売サイトなどを利用して翻訳を依頼するのも1つです。

保証金制度を活用しよう

Airbnbの例を挙げると、「ホスト保証」という制度があります。ホスト保証とは、宿泊者が施設や物品の損傷を与え、補償請求に応じなかった場合に物損補償が適用される制度です。(限度額US$1,000,000)

宿泊に対しての保証金はホスト側が設定できるため、不安がある場合には設定しておきましょう。設定しておくことで部屋を丁寧に使用する意識が生まれます。

保証金はあまり高額に設定すると予約が入りにくくなるため、相場である1万円程度を目安に設定しましょう。

また、民泊仲介サイトでレビューさえるのはホスト側だけではありません。ゲストもまたホストと同様に、部屋の使い方や行動に対してのレビューをされます。

そのため、宿泊予約のリクエストを受け付ける前に宿泊者のプロフィールとレビューを見て、キレイに・安全に使用してくれる宿泊者であるか確認しましょう。

民泊清掃を自分で行う場合の方法・費用

自分で民泊施設の清掃を行うのは、思っている以上に大変かもしれません。

一部屋ならまだしも、複数の部屋を毎日宿泊者を迎えられるレベルまでキレイに掃除するのは非常に手間がかかります。

部屋を清掃する際に行うべきポイントは以下のとおりです。

【全体】

  • ゴミ捨て
  • 掃除機がけ
  • 拭き掃除
  • 消耗品の補充
  • 宿泊者の忘れ物確認

【寝室】

  • ベッドメイキング
  • リネンの洗濯

【水回り】

  • 浴室清掃
  • トイレ清掃
  • キッチン清掃

上記のような作業を毎日複数の部屋で行わなければならないとすると、時間と手間がかかります。そのため、清掃業者に依頼する方も少なくありません。

また、民泊仲介サイトでは宿泊料に清掃料金を上乗せできることもあります。

自分で掃除する場合には、清掃料金を設定してモチベーションを高めるのもよいでしょう。

民泊のゴミ出しは有料に?

ゴミ捨ては宿泊者が出したゴミをまとめて捨てるだけなので、作業自体はシンプルで時間もさほどかからずに終わるでしょう。

ゴミをどこに捨てるかは、施設の規模によって以下の3つの選択肢があります。

  1. 地域の処理施設に持ち込む
  2. 業者に委託する
  3. 一般のゴミ収集に出す

施設の規模が小さい場合、ゴミの量としては一般の回収に出せば充分です。しかし自治体によっては民泊宿泊者の出したゴミを事業者ゴミとして見なすことがあり、一般のゴミ収集で回収してくれない場合があります。


「では個人で回収業者に依頼しよう」とすると、月3万円程度〜の回収料がかかります。月3万円というのは、小規模民泊を行なっている方には利益を大きく減らしてしまう厳しい金額です。

また、一般のゴミとして回収してもらえる場合に注意したいのは、地域によってゴミ回収ルールが異なることです。民泊施設がお住まいの自治体と違うときには、民泊施設のある自治体でのゴミ回収ルールを確認し、捨て方を決めておく必要があります。

自治体によって異なるゴミ回収ルール

ここで民泊物件数が多いエリアである東京、大阪、京都のゴミ回収ルールをみてみましょう。

東京都大田区

  • 普通ごみ(週2回収集)
  • 資源ごみ(週1回収集)
  • 容器包装プラスチック(週1回収集)

大阪府大阪市

  • 普通ごみ(週2回収集)
  • 資源ごみ(週1回収集)
  • 容器包装プラスチック(週1回収集)
  • 古紙・衣類(週1回収集)

  ※中身の見えるゴミ袋で捨てること

京都府京都市

  • 燃やすごみ週2回
  • 缶・びん・ペットボトル 週1回

  ※有料の指定ゴミ袋あり

上記のようにゴミ回収の頻度や種別が異なるだけでなく、同じ市内でもエリアによって回収の曜日が違うことがあります。

民泊施設のある自治体のゴミ回収ルールを事前に確認し、スムーズにゴミが出せるようにしましょう。

民泊清掃を業者に依頼する場合の方法・費用

自分で清掃を行うのが大きな負担になるようであれば、清掃業者を利用するという方法もあります。民泊事業者の増加にともなって、民泊施設を専門に清掃を行う業者も登場しています。

清掃料金の相場は宿泊人数が2名までなら3,000円程度、4名以上のグループなら5,000円程度です。

人数に関わらず、広さによって清掃料を決定する業者もあります。

床面積ベースの場合、25㎡までで4,000円程度、25~40㎡なら6,000円程度、40~60㎡では8,000円程度が相場となっています。

床面積で料金が決まる場合には、宿泊人数が少なく簡単な清掃でも高くついてしまうこともあるため、どちらを基準とした料金設定となっているかをしっかり確認することが大切です。

また、業者を選ぶ際には、リーズナブルな料金でもしっかり清掃を行なってくれるところに依頼しましょう。

民泊で使う部屋は質の高い清掃を確保しよう

繰り返しになりますが、清掃の質は民泊の人気度に大きく影響します。

角度を変えて考えてみると、狭い部屋や予算の関係などで変わった取り組みなどができない場合でも、しっかりと清掃の行き届いた部屋は好印象となる場合が多いと言い換えることもできます。

実際に民泊仲介サイトの宿泊後レビューを見てみると、「掃除が行き届いていること」を「思いやりを感じられる」「ホスピタリティに溢れている」ととらえている宿泊者が多くいます。清掃一つで民泊施設の印象は良くも悪くも大きく変わるのです。

“水も電気も自分でひいてきたような場所ですから 洗面場所やお手洗いの管理が難しそうですが びっくりする程とても綺麗で、管理人さんが 丁寧に管理されていることが理解出来ます。 “

引用:Airbnb

“清潔でキレイなのが何より良かったです! 静かでセキュリティもばっちりで、とても気持ちよく滞在できました。 “

引用:Airbnb

写真や動画を活用しよう

また、民泊は地域によっては海外からの利用者も多いため、言語の違う外国人旅行者には掃除の行き届いた部屋であることを伝えるのが難しい場合があります。

清掃の終わった部屋の写真をなるべく多くサイトに掲載したり、動画で部屋を紹介するといった工夫を行いましょう。

民泊のメリットや収益性について

「所有している空き家を民泊施設として活用したい」と検討している方の中には、今回の記事をご覧になって清掃だけでも非常に大変に感じた方もいるかもしれません。

たしかに民泊を始める際には知っておくこと、決めておくべきことが非常に多くあり、一人ですべて行うのは難しいでしょう。

しかし民泊では得られるメリットも多くあります。管理の手間と費用だけがかかっていた空き家を民泊施設として活用することで、収益物件にできる可能性があるのです。

民泊のメリットや収益性については「民泊とは?空き家活用して民泊施設にするメリットや条件、問題を解説」の記事で詳しくご紹介しています。あわせてご覧ください。

活用方法は、ぜひ空き家のプロにご相談ください

空き家活用株式会社は、空き家の活用・売却においてさまざまなご相談にのっています。

民泊のほか、空き家を知り尽くすプロだからこそできる活用方法もご提案させていただきます。

空き家購入・利活用に関わるご相談なら

以下よりお気軽にお問い合わせください。

どのように活用したいかの目的や、ご希望の地域などをお知らせいただければ、それを元に弊社スタッフが対応いたします!

一緒に空き家の問題を解決していきましょう。
わたやみき
この記事を書いた人
ボイストレーナー兼ライター。生活をより良く、快適にする記事を中心に様々なジャンルで執筆しています。YoutTubeで誰でもできる3分ボイトレ動画配信中です。