その空き家の未来へ、あなたが動き出せる情報と納得を

実家、どうする?相続する際に知っておきたいあれこれ

敬老の日をきっかけに、離れて過ごす実家の両親に連絡をとられる読者の方も多いのでは?しばらく会わないうちに両親も年老いたな、とふと感じたとき、やはり考えておきたいのは「相続」。いつか、そのうち、と先延ばしすることで十分な対応ができず、大変な苦労することは避けたいですね。

空き家問題は、実家の問題。このタイミングで、実家について家族みんなで話してみませんか?おすすめの記事をまとめましたのでぜひご参考ください。

* * *

こんな方におすすめ

  • 将来的に実家が空き家になってしまう方
  • ご両親が遠方に住んでいらっしゃる方

記事はコチラ:コロナ禍の実家対策。親子で揉めない「終活」具体策で、空き家にはしない!


* * *

こんな方におすすめ

  • 実家を相続した/これから相続する方
  • 空き家の相続税について知りたい方

記事はコチラ:「空き家」を相続する前に知っておきたい、相続評価額と固定資産税評価額について


* * *

こんな方におすすめ

  • 相続の流れを知りたい方
  • 相続財産管理人とは、遺言執行者とは?を知りたい方

記事はコチラ:親の残した空き家を手放したい!不動産売却の鍵を握る相続財産管理人とは?


* * *

こんな方におすすめ

  • 実家が空き家になった時に起こるトラブルを知っておきたい方
  • 親世代の対処法/子世代の対処法どちらも知りたい方


記事はコチラ:放置すると損! 空き家の問題点が深刻化する前に世代別空き家トラブル解決策とは?


* * *

こんな方におすすめ

  • 終活とはどんなことをするのか知りたい方
  • 空き家につかえる特別控除を知りたい


記事はコチラ:帰省できたら家族で相談!実家問題と終活はセット、肝となる対処のタイミングは?


* * *

こんな方におすすめ

  • プロ直伝の相続のコツを知りたい方
  • 両親とのコミュニケーションを上手くとる方法を知りたい方

記事はコチラ:【プロが教える】空き家を含めた相続は「生前に」が鉄則。敬老の日に話し合うべき相続のポイント


* * *

 いきなり相続のことは切り出せなくても、「知ってる」と「知らない」とでは打ち手が変わってくるもの。まずは親子でコミュニケーションをとったうえで少しづつ話していきたいですね。

<「空き家」にお困りの皆さま、「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

空き家活用株式会社
この記事を書いた人
みらいの日本を、この軍艦島のようにしてはいけない! 私たちが、空き家市場を構築するためのベースを作り、 あらゆる企業や行政、団体とともに空き家問題を解決する事業を作りたいと考えています。