空き家を買いたい 所有者の分からない不動産はこうして見つける

空き家を買う前に整理しておきたいこと

空き家を売りたい人の心境を知る

 ≪空き家は住んでいなくても税金などがかかる≫

空き家は、維持するだけでお金がかかります。

固定資産税や都市計画税など税金にはじまり、管理費、火災保険などなど。

空き家に住む予定や倉庫などとして活用する予定がなければ、不動産としての財産ではなくただの金食い虫です。

そのため、ある程度金額が落ち合えば売りに出したいと考えている人もいます。

しかし、故人の思い出を取っておきたいと考え、特に活用の予定がなくても税金などを支払い空き家を維持する人もいますので、慎重な交渉が必要です。

≪取り壊しにかかる金額≫

空き家の取り壊しにかかる費用は、木造で1坪4万円程、鉄筋コンクリート造で1坪6万円程が相場と言われており、仮に30坪木造住宅の場合、120万円の取り壊し料金がかかります。

また、家の荷物の処分費用は別途となるため事前に不要品回収業者など依頼する必要があります。

こちらは荷物の量によって料金が変わるためひとくくりにはいえませんが、一般的な木造二階建ての家財で30万円前後はかかるようです。

あくまでもこれは相場で、家によっては浄化槽や倉庫などもあることや、家の梁などに無垢の丸太木材が使われているために1000万近くもの解体費用がかかる場合も…。

購入予定の空き家を更地にすることを考えるのであれば、見積もりを取ってから判断することをおすすめ致します。

≪個人間交渉だから重要な相手の状況≫

空き家は価格が低いことから、不動産業者などの中間業者が入らず、売り主と買い主が直接交渉することが多い物件です。

そのため、相手方の事情なども加味して交渉を進める必要が出てきます。

財産分与の予定があり空き家の処分を急いでいる場合や、とりあえずどのくらいの金額でうれるものなのか様子を見ている場合など状況はさまざまです。

最悪の場合、途中で空き家所有者の気が変わり、取り引きが中止になってしまう場合なども。

また、売り主も不動産売買については素人同然の人が多いため、いざ取り引きしたところ空き家に雨漏りや水漏れなど不具合が多数見つかりトラブルへと発展し、最悪訴訟を起こすまでになってしまうこともあります。

そうならないためにも、所有者の状況を把握した上で必要な場合には、専門業者に手数料を払い間に入ってもらいましょう。

≪無理な交渉はトラブルの元≫

いくら空き家が購入したいからといって、売り主が売り渋っているのを無理に交渉するのはトラブルのもとです。

空き家の交渉は、「ダメなら次の空き家を探そう」くらいの軽い気持ちで、心に余裕をもって行うと良いでしょう。

また、空き家バンクなどを利用して空き家を購入する場合も、「安いからこそ多少のトラブルはつきものだ」ということを踏まえて交渉を行うことが大切です。

トラブルなどを事前に把握できるように、空き家や不動産取り引きについてしっかりと勉強してから交渉に入りましょう。

自分のほしい空き家を明確に知る

≪そのまま住める空き家を探すなら≫

空き家の場合、そのまま住める空き家をさがすのであれば、0円空き家などは対象から外した方が良いでしょう。

600万~1000万ほどの中古住宅くらいの金額を出して、多少我慢すればそのまま住める空き家を探すことは可能です。

≪リノベーションを大々的にしたいなら≫

400万円以下の低廉な空き家は、リノベーションをするにはもってこいの物件です。

あえて古く不具合の多い物件を自分の手で作り替えることは、時間がかかるものの自分の理想とする家を手に入れることができます。

空き家リノベーションをする人の多くを見ますと、電気周りや水道周り、またプロでないと工事が難しい箇所のみ大工などの専門職に依頼し、自分で出来るところは時間と手間をかけて行っている人が多いようです、

0円空き家も、リノベーションがしたいのであれば是非挑戦してみてほしい物件です。

ただ、0円空き家の場合シロアリや害獣については注意が必要となります。

素人が駆除できないのはもちろんですが、家の基礎などが傷んでしまうとリノベーションはできません。

空き家購入を思いたったら空き家活用株式会社へ

空き家活用株式会社では、お客様に合った空き家購入方法のご提案をすることが可能です。

空き家は価格が低い分、専門的な知識や現場での経験が必要な物件となります。

不動産や空き家についてあまり知識が無い方が、安易に空き家を購入するとほぼ100%トラブルに巻き込まれます。

そうならないためにも、お客様の『空き家ブレーン』として、弊社をご利用下さい。

専任のチューターがお客様の担当しサポートするだけでなく、必要な業者の手配も可能です。

解体業者や不要品回収業者の中には悪徳業者もいますが、弊社では空き家に携わってきた経験から実力が確かで優良な業者と多数提携しております。

空き家購入を思いたったら、是非一度空き家活用株式会社へご相談下さい。

(了)

<「空き家」に興味が湧いた皆さまへ>

「空き家」は皆様が思うよりも、価値がある、良いものがたくさん

  • 空き家って、こんなに新しいんだ?
  • こんな歴史のある家、最高。しかも、ちょっとのリノベで使えた!
  • こんな素晴らしい環境にある!
  • (逆にここに新築物件は出来ないよな・・・)

そう、「空き家」は【埋蔵不動産】です。お持ちの「未活用不動産」でお悩みの方も、不動産を探されている方も。価値があふれる【埋蔵不動産】として、処理や活用をともに考えてみませんか? まずはご状況、ご要望を整理させていただきます。お問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。
「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。
https://aki-katsu.co.jp/

よくある問い合わせ・お悩み、ご希望

<不動産を所有の皆さま>

  1. 「未活用状態」の不動産をもっていて、困りごとが・・・
  2. うちの実家を、どうやって活用しようか悩んでいる
  3. もっと良い活用の仕方や、使ってくれる方はいないかな・・・

<不動産を探している皆さま>

  • 古民家風な「空き家」が欲しい!
  • 郊外や自然豊かな場所に、移住したい、二拠点生活をしたい
  • DIYをしてよい物件がほしい
  • 不動産会社ではなかなか見つからない希望がある・・・
  • 事業用の物件を探しているが、出回っている物件はすぐに決まってしまってじっくり検討できない・・・

お問い合わせフォーム:https://aki-katsu.co.jp/contact/            

※私どもは不動産会社でも建築業でもございません。「未活用物件」「空き家」の情報を自治体さまとの連携などもしながら収集し、関わる方のお悩みに相談する窓口としての専門会社です。

タグ:

この記事を書いた人

雑誌編集を経て、現在はフリーの編集ライターに。空き家や外壁塗装など家周りのライティングが得意。「家の間取」を眺めていれば、ごはん三杯までいけます。