空き家をリノベーションして再販。不動産会社に断られた空き家もニーズ次第で次世代へ繋げる

現在、空き家の増加は深刻な社会問題です。
そんな社会問題を解決したいと、立ち上げられたのが株式会社Sweets Investmentの空き家買取専門店『空き家買取専科』。『空き家買取専科』では、その名の通り空き家を買い取り、リノベーションをした上で再販をしています。
『空き家買取専科』で買い取れる空き家とはどのような家なのか、そして『空き家ゼロに』を目標に掲げる『空き家買取専科』が目指す未来とは。『空き家買取専科』不動産事業部長の黒田淳将さんと、広報の三輪早苗さんに詳しくお話を伺いました。

空き家をゼロに。『空き家買取専科』の取り組みとは

空き家買取専科 スタッフ集合写真

ー 株式会社Sweets Investmentの『空き家買取専科』とはどんなお店ですか?

空き家買取専科 広報 三輪早苗(以下三輪) 私たちは、空き家再生で地域を活性化し、働き方改革を実践する企業です。空き家活用とライフスタイル提案をしています。

空き家は私達にとって身近な問題です。
以前は家族の中心であった実家が、いつのまにか管理や処分などの問題で親戚の頭を悩ます存在となってしまうということがあります。

かつては資産としてこの家族を支えていたはずなのに……。このような負債となってしまう多くの空き家を、このまま放っておいていいのかという想いから、空き家をうまく再生することで地域社会への価値ある資産提供ができればと『空き家買取専科』はスタートしました。

ー 株式会社Sweets Investmentはどのような会社ですか?

三輪 株式会社Sweets Investmentはどちらかといえば、社長が旗を振って事業をすすめる会社というよりは、「ここに問題があるよね、一緒にがんばろう!」と社長を含め全員が協力し合って事業をすすめる会社です。

また社長の玉木も末廣建設株式会社など複数の会社を経営しているパラレルキャリアのため、社員に対しても「パラレルキャリアで成果を出してくれればOK」というスタンスでいます。

そのため、パラレルで『空き家買取専科』に参画する社員が多くいます。

会社の企業理念は先ほどもお話しましたとおり「地域社会への価値ある資産の提供」ですが、もうひとつの企業の側面として「人の才能を爆発させる会社」というビジョンがあります。
これはどのような意味かと言いますと、それぞれの社員が自分らしさを発現することで、会社としても成長していくのではないかと。

こうした会社としてのベースがある上で、空き家の買い取りを行っているのです。

 不動産会社に断られた空き家でも『空き家買取専科』では可能なことも

リノベーションする前の空き家

静岡を中心に空き家の戸建て・マンションを買い取り

ー 空き家の買い取りとは主にどのようなことをされるのでしょうか。

三輪 静岡県全域(伊豆エリア以外)にて売却を考えていらっしゃる空き家の所有者様から戸建てやマンションの1室などを買い取りをし、買い取った空き家は、弊社にてリノベーションをして再販をしています。

更地にするというよりは、今ある空き家を活かしたリノベーションをすることで無駄な取り壊しを減らし、環境的に負荷をかけず使える家は使おうというのが、弊社の買い取りスタイルです。

ー 買い取り対応地域について教えてください。

空き家買取専科 不動産事業部長 黒田淳将(以下 黒田) 基本的には伊豆以外の静岡県全般となります。

弊社のようなベンチャー企業が不動産を購入する際、多くの場合は、金融機関の融資をうけることになるため、地域に縛られてしまうのです。

また、弊社がおこなっている買取再販は、買った不動産が売れないと不良債権になってしまうため、リスクが大きいこともあります。
だからこそ、このリスクをコントロールするために、ある程度エリアの限定をしています。

お客様の中には、ご自身は静岡県以外に住んでいらして空き家となったご実家が静岡県にある方もいらっしゃいます。そうした方々とはオンラインでのやりとりも可能です。

今は住居の契約もオンラインで出来るようになっていますので、引き渡し確認なども司法書士の先生に、本人確認とカギの送付さえして頂ければ大丈夫です。

「購入者がいるか」が買い取りのポイント。ニーズがあれば築50年の建物も!

ー どのような空き家が買い取りの対象なのでしょうか。

黒田 これは、まさにケースバイケースですね。リノベーションをして購入者がいるかどうかというのが、大きなポイントとなってきます。

事業的に採算が取れるかどうかを判断するためにも、市場性は重要です。山奥すぎて需要が見込めない場所などは、買い取りが難しいこともあります。

ただ、他の不動産会社などから「古いから売れない」「海が近くて人気が無いから売れない」「傾きがある」「シロアリに食われてしまったので売れない」といった理由で買取を断られた場合には、対応が可能です。

弊社で扱う物件の中には、築50年の建物もあります。

私達の大きな強みは、空き家を利活用できるところです。
実家を取り壊すのでは無く残して使って欲しい方など、まずはご相談ください。

ただ、実際のところこうした空き家の所有者さんは、お客様としては少ないのも現状です。
不動産の仲介業者が、空き家を持て余して持ち込んでいらっしゃることがよくあります。

ー なるほど……。ちなみに不動産の売却をする際に仲介手数料がかからないのはなぜですか。

黒田 通常の空き家売買の場合、仲介業者がいて売り主と買い主の間を取り持ちますが、弊社は買い取り専門です。

個人の売主さまから直接ご相談を受けた場合は、弊社が売り主さまから直接購入しますので、仲介業者を通しません。そのため仲介手数料がかからないのです。

<次ページ:購入者とのトラブルを防ぐ買い取りのしくみ >